高校生が背を伸ばすための10個の裏ワザ!



どのような仕組みで高校生の身長が伸びるのか?


骨端線が成長することで身長が伸びる




成人前の子供の骨の両端には、骨端線(成長戦)と呼ばれる軟骨が存在します。身長はこの骨端線が伸びることで、身長が伸びていくことが分かっています。しかし、大人に成長すると、この骨端線は硬くなってしまい、骨が伸びなくなってしまいます。これが年齢がある程度大人になると、身長が伸びなくなってしまうメカニズムです。では、骨端線はどのようにして伸びるのでしょうか。

骨端線に働きかけるのは「ソマトメジンC」




身長を伸ばすために最も大切なホルモンは、ご存知の方も多いと思いますが、「成長ホルモン」と呼ばれます。その成長ホルモンの中でも、直接骨端線に働きかけるのは、「ソマトメジンC」と呼ばれるホルモンです。ソマトメジンCは、成長ホルモンを吸収しながら、肝臓で生成されます。そのため、成長ホルモンが十分にあったとしても、栄養不足や肝臓の機能に異常があった場合、身長は伸びないのです。

高校生の平均身長は何センチ?




「自分の身長、周りの友達よりも低い気がする」「高校生の平均身長ってどのくらいなんだろう?」と疑問に思う人もいますよね。そこで、男女別で高校1年生〜2年生の平均身長を調査しました。

【男子高校生の平均身長】



男子高校生の平均身長は、以下になります。

高校一年生(15歳) 168.4cm
高校二年生(16歳) 170.0cm
高校三年生(17歳) 170.8cm

高校一年生から見てみると、高校一年生から二年生にかけて平均身長が1.6cm上がっているものの、高校二年生から三年生にかけては0.8cmしか伸びてないことが分かります。
ちなみに、男子中学生の平均身長は、中学一年生が152.5cm、中学二年生が159.9cm、中学三年生が165.4cmと、学年が上がるにつれて平均身長が7cm〜13cm伸びていることが分かりますね。男子中学生と男子高校生の平均身長を見てもわかるように、中学生で大きく身長が伸びていきます。

【女子高校生の平均身長】



では、女子高校生の場合はどうでしょうか。女子高校生の平均身長は以下になります。

高校一年生(15歳) 157.3cm
高校二年生(16歳) 157.8cm
高校三年生(17歳) 158.0cm

表をご覧いただくと分かるように、女子高校生も男子高校生と同じく、平均身長の伸び幅は1cm程度と、それほど大きくありません。ちなみに女子中学生の平均身長は、中学一年生が152.0cm、中学二年生が155.2cm、中学三年生が156.8cmとなっています。男子高校生と比べると身長の伸び幅はそれほど大きくありませんが、女子高校生よりも女子中学生の方が身長の伸び幅が3cmと、中学生の方が身長が伸びていることが分かりますね。
男子高校生と女子中学生の平均身長から見ても分かるように、高校生では身長が伸びにくいのが現状です。では、高校生の時点で身長を伸ばすことは難しいのでしょうか?

身長は遺伝以外にも80%の要因で背を伸ばすことができる




例えば自分の親のどちらかが身長が低いと、「自分の身長が低いのは遺伝かもしれない…」と考える人も多いのではないでしょうか?遺伝が原因で身長が伸びないとなると「もう身長を伸ばすのは諦めないといけないかも」と思うかもしれませんが、まだ諦める必要はありません。

遺伝で身長が決まるのは、身長が伸びる要因のうち20%と言われています。
実は、高校生であれば遺伝以外にも、身長が伸びる要因のうち80%は、日頃の努力次第で身長が伸びるということが言えるのです。

先ほど、「男子高校生と女子高校生の平均身長では、身長の伸び幅が小さい」というお話をしました。
とは言っても、高校生はまだまだ成長期です。もはや身長が伸びる最後のチャンスといっても過言ではありません。

大切なのは高校生でグッと身長を伸ばす方法を知ること、そして身長が伸びやすい日常生活を送ることで、大きく身長が伸びる可能性はより高くなるのです。

身長を伸ばすのに直接影響がある要因




では、まずは身長を伸ばすために直接影響がある要因をみてみましょう。
身長を伸ばすために直接影響があるのは「自然環境・栄養・運動・病気・睡眠時間」と言われています。

【自然環境・病気】



自分が生活している周りの自然環境(環境がいい・悪い)や、突発的な病気や、怪我や事故などで外傷を負った際、身長が伸びなくなる可能性があります。しかし、これは生まれた場所や今通学している学校周りの環境といった、普段の生活圏によっても変わります。ここをすぐに変えることは高校生のうちでは難しいと思いますので、優先順位は低いです。
となると、注目するべきなのは「栄養・運動・睡眠時間」と言えます。

【栄養】



身長を伸ばすためには、普段から成長を促す栄養分をバランスよく摂ることが大切になります。特に身長を伸ばすために効果的な成分は、「たんぱく質・アルギニン・カルシウム・マグネシウム・亜鉛」になります。

たんぱく質

たんぱく質は、成長に必要な骨や筋肉を作るための元になります。
特にたんぱく質を多く含む食材は、肉や魚介、大豆、乳製品などがあります。特に肉は食べ過ぎるとカロリーが高くなり、太りやすくなってしまいます。牛肉・豚肉・鶏肉の中であれば、鶏の胸肉が低カロリーでたんぱく質を摂ることができるので、特にオススメです。

【亜鉛】
亜鉛は、成長ホルモンの働きを活発化させる働きを持っており、こちらも身長を伸ばすためにとても重要な成分です。
亜鉛が含まれている食材は、牡蠣や豚のもも肉、アーモンド、大豆、納豆、緑茶などです。亜鉛は摂りすぎると効果が薄れてしまいます。一日の亜鉛の摂取量の目安は約15mgになりますが、これは牡蠣2粒で16mg摂取できます。

【マグネシウム】
意外かもしれませんが、マグネシウムは骨の強度や弾力性をより良く保つために、重要な役割をする栄養素です。マグネシウムはカルシウムと密接に関係しているので、骨の健康を保つ役割があります。食材で言えば、ほうれん草や魚に多く含まれている栄養素です。

【アルギニン】
アルギニンはアミノ酸の一種になり、成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。これまで身長を伸ばすために必要な栄養分をお話ししましたが、成長ホルモンが分泌されなければ身長を伸ばすことができなくなってしまいます。そのため、アルギニンは他の栄養素以上に重要な成分と言えます。他の食材と一緒に摂れると尚良いですね。
アルギニンを含む食材は、主に鶏肉や乳製品、大豆、玄米、ゴマなどに含まれています。

身長を伸ばすのに直接影響がある要因:運動




先ほど、アルギニンの栄養素の部分でもお話しましたが、身長を伸ばすためには成長ホルモンの分泌が重要になります。ではどうすれば成長ホルモンが分泌されるのかというと、「運動中と運動後の3時間」ということが判明しています。ということは、身長を伸ばすために、日頃から適切な運動が重要ということが言えるのです。

ただ、運動であれば何をしても効果がある、という訳ではありません。成長ホルモンを分泌させるために特に重要なものが「骨に縦方向の刺激を与える運動」です。

一体どんな運動かというと、例えばジャンプなどが挙げられます。
では、ジャンプを多くするスポーツは何かと言えば、バレーボールやバスケットボールですね。皆さんの周りでもバレーボールやバスケットボールをやっている人がいると思いますが、身長が高い人が多いのではないでしょうか。実は、バレーボールやバスケットボールをやっている人で身長が高い人が多いのは、ジャンプの動作をすることが要因となっています。

その他にも、マラソンや縄跳びもオススメです。これらの運動も骨を縦に刺激します。とは言え、あくまでも運動は「適度に」行いましょう。運動をしすぎてしまうと、筋肉に大きく負担がかかってしまい、逆効果になってしまいます。日頃から適切な運動をすること、そして休息をとることが大切です。

身長を伸ばすのに直接影響がある要因:睡眠時間




身長を伸ばすために、毎日の睡眠も大切です。先ほどの運動もそうですが、睡眠中に成長ホルモンが分泌されます。
しかし睡眠時間が成長ホルモンを分泌されるとはいえ、ただ単に長く睡眠をとればいい、という訳ではありません。成長ホルモンが分泌されているのは、「寝付いてから2~3時間のみ」と言われています。この時間に最も深い眠りに達するのです。ということは、この2~3時間の間にしっかり熟睡し、質の良い睡眠をとることが重要になります。

では、質の良い睡眠をとるためにはどうすればいいのでしょうか?主に3つあります。

【(1) 寝る2時間前に食事をしない】
忙しいと寝る直前に食事をすることもあるかもしれませんが、最低でも寝る2時間前に食事をしないようにしましょう。寝る直前に食事をとってしまうと、消化にエネルギーを使ってしまうため、熟睡できなくなってしまいます。

【(2) 部屋の電気を消してから寝る】
電気をつけたまま眠ってしまうと、熟睡できない場合があります。そうなると成長ホルモンの分泌を妨げることになってしまい、せっかく睡眠を取っても効果が半減してしまいます。それだけでなく、ストレスの原因にもなってしまいますので、睡眠時は部屋の電気を消すように心がけましょう。

【(3) 寝る前にテレビやスマホを見ない】
寝る前にテレビやスマホをだらだらと見てしまうことも多いかもしれませんが、寝る前には見ないようにしましょう。眠る直前にスマホやテレビを見たあと、ベッドに入っても寝付けない…なんていう経験をしたこともある人もいるかもしれません。実は、スマホやテレビを見たあとは脳が興奮状態になってしまい、熟睡できなくなってしまうことが分かっています。熟睡するためにも、最低でも寝る1時間前はスマホやテレビを見ないようにしましょう。

以上が、一般的に身長を伸ばすために必要な「栄養・睡眠・運動」についてお話しました。とはいえ、高校生が身長を伸ばすためには、これと全く同じようにやるのでは、身長が伸びるまで時間がかかってしまいます。もっと効率良く身長を伸ばす方法をご紹介します。

高校生が背を伸ばすには「骨を伸ばす」ことから始まる


身長を伸ばすには、骨を伸ばす




先ほども冒頭でお話したように、身長を伸ばすためにはまず、骨を伸ばすことが大切です。これは高校生が身長を伸ばすためにも同じになります。先ほどお話した「骨端線」が、身長を伸ばす鍵となります。高校生が身長を伸ばすために、まずは骨を伸ばすことを意識しましょう。

高校生が背を伸ばすには、成長ホルモンを分泌させよう




では骨を伸ばすためには何が必要なのかというと、「成長ホルモン」が重要になります。ただ成長ホルモンを増やす栄養を摂るのではなく、成長ホルモンが分泌されていくことで骨端線が伸び、そして身長が伸びるのです。
では、高校生が背を伸ばすために、成長ホルモンを分泌させるためにはどうすればよいのでしょうか。その方法を4つご紹介します。

【成長ホルモンを分泌させるコツ4選】



・運動を積極的に行う

・成長ホルモンを分泌させるために栄養をしっかりとる

成長ホルモンは良質なアミノ酸で構成されており、主にたんぱく質が分解されて作られています。たんぱく質は魚や卵、肉、大豆や大豆を使った食品(豆腐や納豆など)、乳製品などに含まれています。お米や野菜、果物、海藻なども取り入れるようにしましょう。
また、インスタント食品やお菓子、麺類など栄養が偏ったメニューではたんぱく質は足りず、成長ホルモンが分泌されなくなってしまいます。そのため、良質なたんぱく質をとるためにも、毎日の食事はバランスのとれた栄養を摂るように心がけましょう。

・就寝前の3時間が勝負

先ほどもお話したように、成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。
睡眠時間の中でも、成長ホルモンが最も分泌される時間帯は「徐波睡眠」と呼ばれます。徐波睡眠とは、眠りについてから2〜3時間の間に多く生まれます。この時間に熟睡できると、成長ホルモンがより多く生成されるのです。
また、熟睡するためにリラックスする方法として、入浴(湯船にしっかり浸かる)も有効と言われています。熱々のお湯ではなく、ぬるま湯(38〜40度)くらいで入浴しましょう。そうすることで、より熟睡できるようになります。

・サプリメントを用いて成長ホルモンを分泌させる

また、高校生が背を伸ばす方法として、普段の食事と一緒にサプリメントを併用し、栄養を摂るという方法もあります。高校生ともなると、部活や大学受験のために予備校に行くなど、毎日忙しく過ごしていて、どうしても毎日の食事の栄養が偏りがちになってしまいます。そういった中でも成長ホルモンを分泌させ高校生が身長を伸ばせるよう、サプリメントを取り入れている家庭が増えています。

高校生からでも骨が伸びる裏ワザ10選




これまで栄養や睡眠、運動で高校生が背を伸ばす方法をご紹介しました。とはいえ、「もっと他に身長を伸ばす方法はないの?」「もう少し早く背を伸ばしたい」という人も多いはず。そこで、高校生が一日でも早く身長を伸ばす裏ワザを10個、ご紹介したいと思います。

身長を伸ばすストレッチを行う




まずは身長を伸ばすストレッチからご紹介します。この方法はとても簡単で、まず背筋を伸ばして床に正座で座りましょう。次に、正座をしたまま上半身を後ろに倒します。そして、3分間そのままの姿勢を保ってください。この3ステップだけで、1〜2cmほど身長を伸ばすことができます。
このストレッチは椎間板と呼ばれる、背骨の部位が伸ばす効果があります。背骨は24個のもの骨があるのですが、これらの骨が動くことによって、体を上下左右に曲げることができ、身長が伸びたといえます。



身長を伸ばすストレッチを行う


直立に立ってつま先をタッチする。
直立に立ってつま先をタッチすることで、身長を伸ばす裏技です。
まず、手を高く上げて直立に立ちましょう。できるだけ手をまっすぐにして、つま先を触るようにしてください(つま先が届かない人は、膝を曲げて届くようにしても大丈夫です)。つま先に手がついたら、深呼吸を2〜3回行いましょう。これを数回繰り返します。

普段から運動する習慣をつける




【ジョギングなどでもOK】

身長を伸ばすために良い運動とは、「骨を縦方向に刺激する」行動のことです。例えば、ジャンプが挙げられます。先ほどもお話したように、バスケットボールやバレーボールは骨を縦方向に刺激するスポーツですので、身長を伸ばすには最適なスポーツと言えますが、場所や道具も必要になります。高校生であれば部活や体育の時間でできるかもしれませんが、いつでも、どこでもできる運動ではないので、人によっては「継続してやるのは難しい」という人もいるかもしれません。そう言った方であればジョギングでも大丈夫です。ジョギングも骨を縦方向に刺激するスポーツですので、身長を伸ばすためのスポーツにはぴったりと言えます。

普段から姿勢をよくする




長時間授業を受けていたり、勉強したりしていると、気がついたら猫背になっていた…など、姿勢が悪いことが原因で背が伸びない可能性があります。姿勢は気がついたら猫背になっていることもありますので、普段から姿勢をよくするように心がけましょう。

【普段猫背の人は要注意】

慢性的に猫背の状態が続いている人は癖になっている可能性が高いので、普段から意識して姿勢をよくするようにしましょう。方法としては、肩甲骨を意識して後ろに引っ張るようにすると、自然と姿勢がよくなります。



【姿勢を改善するストレッチを行う】

猫背を改善するストレッチもありますので、姿勢が悪くなっていると感じたら、ストレッチを行いましょう。以下のストレッチは10セット行います。こちらのストレッチであれば、肩甲骨を鍛えられ、猫背になりにくくなりますよ。
(1) 手のひらを合わせて腕の前へ。
(2) そのまま腕を頭の上に持っていきます
(3) 手のひらを前にして両手を離し、肩甲骨をしっかりと寄せながらゆっくりと両手を下ろしていく
(4) 元の位置で手を合わせる

骨盤を矯正する




整体に行って骨盤を矯正してもらい、身長を伸ばすという方法もあります。実際に骨盤の歪みを矯正することによって、身長が1〜5cm程度伸びる可能性があります。
どうして骨盤矯正によって身長が伸びるのかというと、股関節の軽い脱臼によって、骨盤がずれている状態を矯正し、正しい位置に戻せば姿勢が良くなり、それによって身長が伸びるのです。

もし骨盤が歪んでいる時期が長ければ長いほど、骨盤矯正した時に一気に身長が伸びやすくなります。

整形外科で手術を行う




こちらはもはや最終手段になってしまうかもしれませんが、「身長が完全に止まったかも…」という人の場合は、手術を行って身長を伸ばすという方法もあります。

【骨を伸ばす手術を行う】

骨を伸ばす手術というのは、本来であれば病気が原因で成長が止まり、身長が伸びなかった人や、外傷によって骨を失ってしまった人が受ける手術ですが、アメリカや中国では美容(身長を伸ばす目的)で手術を行っている医療機関があります。
では、どのくらい伸びるのかというと膝下の骨の手術で5cm程度、人によっては6〜8cm伸びる人もいるそうです。また、身長を伸ばす手術法として、イリザロフ法とISKD法というものがあるので、ご紹介します。



【イリザロフ法とISKD法】

まず、イリザロフ法とは、人工的に骨折を起こし、自然の治癒力を使い、骨折が治る過程を利用して骨を引き伸ばすという方法です。そしてISKD法とは骨の内部にチタンの釘を入れることで身長を伸ばすというものです。
膨大な費用もかかるので積極的に行うのは難しいかもしれませんが、どうしても身長を伸ばしたい、という人はこのような手術法もあるのを念頭においてもいいかもしれません。

成長ホルモンを分泌させる栄養分を摂取する




【成長ホルモンはタンパク質が分解されて作られる】

成長ホルモンを分泌させるために、たんぱく質を積極的にとるようにしましょう。そして成長ホルモンにはたんぱく質の代謝を促進させ、筋肉や骨を増やす働きを持っています。

【カルシウムを摂って骨を強くする】



たんぱく質と一緒に摂りたい成分が、カルシウムです。身長を伸ばすために重要な骨は、カルシウムによって強くなります。ただ単にたんぱく質やカルシウムだけを摂り続けるのではなく、亜鉛やマグネシウム、アルギニンといった成分もバランスよく食べましょう。

ご飯はお腹が空いてから食べる




高校生が効果的に身長を伸ばすためには、「お腹が空いてから食べる」ようにしましょう。
なぜかというと、空腹の状態で食事をすることによって、「グレリン」と呼ばれる成長ホルモンを促進するペプチドが生成されます。このグレリンが脳下垂体を刺激することによって、成長ホルモンが分泌されるのです。

睡眠時間をしっかりとる




【理想の睡眠時間】

では高校生が背を伸ばすためには何時間の睡眠をとればよいのかというと、8時間とるのが良いと言われています。よく高校生ともなると、睡眠時間が足らずに寝不足の状態が続いている、という人もいるかもしれませんが、それでは骨の成長が止まってしまいます。学校や部活、予備校や遊びが忙しくても、睡眠時間をきちんと確保するようにしましょう。

酸素カプセルで身長を伸ばす




酸素カプセルとは、カプセル内の気圧を上げることによって、また高濃度酸素状態にすることによって、血液中に含まれる溶解型酸素の濃度を上げることができるという仕組みになっています。

【酸素カプセル内の気圧が身長を伸ばす効果も】

酸素カプセルというと、アスリートが体調を整えるために用いられているイメージがあるかもしれません。実は、身長を一時的に伸ばす効果があると言われ、酸素カプセル内の圧が体の歪みを整え、筋肉や骨格を正しい位置に戻すと言われています。これをレオロジー効果といいますが、これによって身長が数cm高くなる場合があると言われています。

靴で身長を高く見せる




【女の子ならヒール、男の子ならシークレットシューズを履くのも手】

靴で身長を高くするというと、女の子ならヒールを履くというイメージが強かったかもしれませんが、最近ではシークレットシューズという、靴の内側が厚底になっている靴も出回っています。外から見る靴のデザインからは厚底かはわからない作りになっているので、男の子でも履きやすいですね。



まとめ高校生で身長を伸ばすにはサプリメントが大切




身長を伸ばすには、毎日しっかり栄養を摂ることが大切


これまで、身長が伸びるメカニズムや、高校生が身長を伸ばすための裏技をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
これまでご紹介した裏技は確かにすぐに身長が伸びるものもありますが、一時的な方法がほとんどです。やはり高校生のうちはまだ身長が伸びる可能性もありますし、毎日継続して栄養・睡眠・適度な運動をしていくことが大切になります。しかし、高校生の皆さんが、一番ハードルが高いと感じているのは「栄養」の部分ではないでしょうか。

【高校生で背を伸ばすには、サプリメントなら毎日続けやすい】

高校生が毎日毎食、きちんと栄養バランスの整った食事を続けることは難しいです。学校帰りにファーストフード店に立ち寄ったり、朝食や夕食はコンビニで買ったご飯で済ませている、という人もいるでしょう。それでは栄養は偏ってしまいます。
そういった食生活でも栄養を偏らないようにするためには、サプリメントが役立ちます。サプリメントであれば身長を伸ばすための栄養分が厳選されているので、高校生が背を伸ばすために、効率よく必要な栄養を摂取することができます。いつでも持ち歩けるので、手軽に摂れるのもメリットですね。

高校生におすすめのサプリメントランキング


高校生の男の子におすすめの背が伸びるサプリメントランキング

高校生の女の子におすすめの背が伸びるサプリメントランキング

参考サイト


なぜ身長は伸びるのか
http://www.suku-noppo.jp/why/
高校生の平均身長など
http://www.suku-noppo.jp/why/
http://shincho.roratio.com/2006/06/post_12.html
高校生が身長を伸ばす方法やメカニズムなど
http://sorememo.com/post-1253/
高校生が身長を伸ばす方法
https://trend-news-today.com/2146.html
背が伸びる食べ物など
http://trend-news-today.com/3646.html
ストレッチや運動で身長を伸ばす方法やその理由
http://hill-challenge.jp/01howto/shintyouurawaza.html
http://xn--59j4dobzhugzbw339eqkwc.biz/1minutestretch/
http://xn--88j2bx09lq5t99h126c96j.jpn.org/entry13.html
身長を伸ばす方法など
http://xn--88j2b6lyexd292t732bpi6c3wam41c.com/adult.html