副作用は基本心配なし!アルギニンが安全な理由

成長ホルンモンの分泌を促進してくれるとされるアルギニンは、安全性が高い成分です。基本的に、何らかの副作用がおこる、といったことは考えられません。もちろん、過剰摂取してしまうようなことがあればその限りではありませんが、基本的に大きな問題を生じてしまうようなことはないのです。

こちらでアルギニンが安全である理由に迫ります。お子さんに身長系サプリ等でアルギニンが入っているものを飲ませても良いのか、といったことを悩んでいる方は必見です。

アルギニンは人体が持っている成分の一つである

・我々の身体の中にアルギニンはある!

人体にあるものを摂取することになるので、拒否反応が起こってしまう、といったことは考えられないのです。そもそも、アルギニンはアミノ酸です。毒素でもなんでもありません。

非必須アミノ酸と呼ばれているものであり、我々の身体は勝手にアミノ酸を生成しているのです。しかし、子供の時には特に少なくなりやすい、といった特徴があるので、サプリメントなどで積極的に摂取する、といった考え方が出てくるわけです。

体内にあるものであれば、摂取するに当たり気をつけるべきこともありませんよね。

過剰摂取にだけは気をつけること

・大量摂取は身体に負担をかけることも

どんなに安全性が高いアルギニンとはいえ、不必要なほど摂取するのは大きな問題です。サプリメントであれば、錠剤を大量に飲むような状況になってしまうかもしれません。錠剤を大量に飲んでしまうと、胃や腸を痛めてしまうことにもなりかねないのです。

子供の時にはまだ消化器官がしっかりとしていないこともあるので、幼稚園生くらいの場合には、まだ飲ませないほうが良いです。小学生くらいになってくると、内臓もある程度強くなってくるので、サプリメントを摂取しても問題ありません。もちろん、大人と子供では体格が違うので、サプリメントの量に関しては気を配るべきです。大人で平気とされている容量と、子供で平気とされている容量は違います。

身長系サプリメントであれば、子供用に製造されているので問題はありません。しかし、大人も利用するような一般的なサプリメントでアルギニンを摂取する場合には、容量をかなり減らす必要があります。半分程度にして飲ませる、といった工夫も必要になってきます。