身長を伸ばすために必要不可欠な食事内容

お子さんの身長を伸ばすためには、身長サプリを利用するのが一般的ですよね。しかし、身長サプリでは主に栄養素を摂取するわけです。普段の食事にも力を入れたら、より効果は高まるんですよ。

こちらでは、身長を伸ばすために必要な食事内容について詳しく解説します。実際に、どんなものをお子さんに食べさせれば良いのでしょうか。


身体を作る基本!タンパク質を積極的に摂取する食事内容に使用

・お子さんにメインに取らせるべきなのがタンパク質である

実はタンパク質を摂取してほしい理由があります。確かに、身長系サプリメントにタンパク質が含まれている例もあるのですが、実際にそれほど量が多くありません。だからこそ、身長サプリメントと併用してしっかりと取るべき成分の筆頭になるのです。

一日のたんぱく質の一般的な必要量:体重(キログラム)×1グラム

例えばお子さんの体重が40キロであるなら、40グラムは必要なのです。しかも、それは最低限の必要量になります。成長期の子どもに関しては、「×2.0グラム」で計算しても構いません。

特に運動を積極的にしているお子さんに関しては、タンパク質中心の食事を取らせるべきです。

【タンパク質が多く含まれる食材例】
・牛肉
・卵
・牛乳
・チーズ
・かつお
・豆腐
・さんまなど

大豆製品がお勧めですが、子供はあまり好きではないかもしれないのでお肉でもかまいせん。子供であれば消費スピードも早いので、それほど肥満の問題は出てきにくいですよ。

タンパク質と一緒に摂取したい亜鉛とカルシウム

・亜鉛とカルシウムが必要になる理由

亜鉛は骨の成長に大きく関わっており、食生活では特に取り切れていないと話題になっています。身長を伸ばすことは、骨を成長させる事にも密接に結びついてくるので、多めに摂取しましょう。

カルシウムに関しては、歯や骨を丈夫にする作用があります。以前は骨を成長させると言われていましたが、実際にはそういった機能があるわけではありません。しかし、骨にとっては大事な成分であることには変わりがないので、積極的に摂取すべきです。

【亜鉛がたくさん取れる食材とは】
・牡蠣
・豚肉(レバーやもも肉)
・うなぎ
・豆腐
・納豆
・チーズなど


【カルシウムがたくさん取れる食材とは】
・牛乳
・チーズ
・ワカメ
・しらす干し
・うなぎ
・豆腐
・納豆
・ゴマ
・小松菜など

ここまで3つの成分についてお話してきましたが、いくつか重なり合っているものがありますよね。例えば、大豆製品です。

大豆製品には、タンパク質も豊富に含まれており、亜鉛やカルシウムまで含まれているのです。お子さんの食事にはなるべく大豆系の食品を出すようにすると、身長の伸びが加速する可能性が高くなりますよ。