身長と食事時間の関係性|夕食は早め?遅め?

最近では共働き家庭が増えていて、夕食の時間が遅くなっている家庭が多くなっています。

そんな食事の時間は実は身長と関係があるってご存知でしたか?

食事時間と身長の関係性について、夕食は早めがいいのか?遅めがいいのか?その理由を詳しくご紹介していきます。

食事時間は寝る時間を基準に考えよう!


身長を伸ばすためには寝ている間の成長ホルモンの分泌が欠かせません。

そんな成長ホルモンは夕食で食べたタンパク質を材料にして作られます。
したがって就寝前には夕食で食べた食事が消化されている必要があります。

食事が終わって、消化するのにかかる時間は、個人差はあるものの、2~3時間かかります。
ですから、寝る時間が夜9時~9時半であれば夕食は夕方6時~7時半までには済ませておくことがベストといえます。

夕食は早め?遅め?どっちの方が身長は伸びる?


夕食時間は、やはり「早め」の方が身長は圧倒的に伸びます。
というのも早く食事をすることで、就寝時間も早くなるので睡眠時間をしっかりと確保することができます。
さらに、血糖値が上昇している状態は、成長ホルモンの分泌が行われていないので、夕食を食べてすぐに寝ると、身長が伸びません。

成長ホルモンは血糖値が下がっている時に活発に行われることがわかっているので、寝ている時には血糖値が下がっているような状態が望ましいです。
ですから早めに夕食を食べて寝る前には血糖値を下げておく必要があります。

また、子供は特に大人よりも、睡眠時間を長くとる必要があります。
最低でも小学生のうちは7時間以上の睡眠は必要です。

成長ホルモンの分泌にはゴールデンタイムがあるといわれており、それが午後10時~深夜2時ということですので、9時には寝付く時間を考えてもベットに入っておくのがいいでしょう。

また幼稚園や小学生低学年であればさらに早く寝るほうがいいのは、当然ですよね。

もちろん、幼稚園から小学生にかけては、学校での学習時間も、日々学ぶことがたくさんあるので日中、脳は新しい刺激に常にさらされています。

したがってしっかりと寝て、脳を休ませて、次の日に備える必要があります。

こういった理由から、夕食は、早めに食べる方が、圧倒的に身長も伸びますし、学習面でもおすすめといえるでしょう。

どうしても夕食の時間が遅くなってしまうときはどうすればいい?


夕食は早めがいいのは百も承知、というお母さんたちも多いと思います。

でもどうしても仕事から帰ってくるのが遅いし、塾や習い事を考えると夕方の6時までに夕食を食べるのが難しいという家庭が今では一般的ではないかと思います。

そういった、どうしても夕食の時間が遅くなってしまうときはどうすればいいのでしょうか?

まずおすすめしたいのは、消化吸収のいい、バランスのとれた食事を食べさせるようにしましょう。
消化吸収のいい食材を使うことで胃腸の消化吸収のスピードは上がりますし、胃腸の負担も軽減でき、成長ホルモンの材料をしっかりと確保することができます。
なるべく夕食の時間が遅くなってしまうときは、消化吸収のいいものを食べるようにしましょう。

それでもなかなか夕食になかなか消化吸収のいい食事を準備するのは難しいというお母さんたちは、軽めの食事を準備して、身長を伸ばすサプリメントを活用することで、食事の準備も時短になり、しかも栄養のバランスもしっかりと補うことができます。

なかなか早く食べて、早く寝る、というのが難しくなってきている時代ではありますが、
できるだけ、お母さんの仕事がお休みのときは、早めに夕食を食べるように心がけてあげてくださいね。