腸内環境を良くして身長を伸ばす|役立つ食材とは

身長をしっかりと伸ばすためには、腸内環境がとても重要となってきます。
どうして身長を伸ばすために、腸内環境が大切なのか、また腸内環境をよくして
身長を伸ばすのに役立つ食材にはどういったものがあるのか、ご紹介します。

腸内環境がどうして身長を伸ばすのに大切なのか?


腸内環境というと、便秘の改善くらいしか思いつかないという方も多いかと思いますが
腸内環境は身長を伸ばすためにも、とても重要な役割を果たしています。
身長を伸ばすためには、カルシウムやミネラルといった栄養が欠かせません。
そんな身長を伸ばすために必要な栄養の90%近くは腸から吸収されます。
しかし、腸内環境が悪いと、身長を伸ばすために必要な栄養がしっかりと吸収されません。
栄養がしっかりと吸収されなければ、身長を伸ばすことは難しくなります。
また、腸内に生息している善玉菌の中にはカルシウムの吸収を促進するビタミンDを合成する細菌がいます。しかし腸内環境が悪化して、善玉菌が減少すると、カルシウムの吸収を促進するビタミンDの合成量が減り、その結果、身長が伸びるために必要なカルシウムが十分に吸収できないという現象がおきてしまいます。
このようなことから、腸内環境は身長を伸ばすにはとても重要であることがわかります。

腸内環境が良くなると免疫力もアップする!


腸内環境が良いと、免疫力がアップするということが最新の研究でも明らかになってきていますが、この免疫力がアップすることで、間接的に身長を伸ばすのに影響を与えます。
風邪を引きやすく、免疫力が弱いと、十分に栄養を摂取することができないので、身長がなかなか伸びません。病気がちな子どもは身長が小さいのは、免疫力が弱いために、風邪で体調を崩し、胃腸の働きも悪くなって、身長を伸ばすために必要な栄養を十分に吸収できなくなってしまうからです。
ですから、免疫力をアップさせて、風邪を引きにくくすることによって、しっかりと食事もとれるようになり、身長を伸ばすために必要な栄養も摂取できるので、身長アップにつながるのです。
したがって腸内環境を良くすることは、免疫力がアップして、子供が健康的に身長を伸ばすことにつながるのです。

腸内環境を良くして身長を伸ばすのに役立つ食材は?


腸内環境が身長を伸ばすのにとても重要なことはわかったと思いますが、具体的にはどういった食材があるのでしょうか。
身長を伸ばすのに役立つ食材として代表的なものに「ヨーグルト」があります。
ヨーグルトは牛乳を発酵して作られた乳製品であり、テレビコマーシャルでも腸内環境を整えるにはまずヨーグルト!というくらい有名な食材です。
しかもヨーグルトは牛乳から作られる発酵食品ですので、カルシウムも豊富に含まれています。ヨーグルトはカルシウムだけでなく、骨の土台となる、タンパク質も含まれています。
牛乳だけ飲むよりも、ヨーグルトを食べたほうが、カルシウム、タンパク質はもちろん、乳酸菌も一緒に摂取できるので、身長を伸ばすにはまさに一石二鳥の食材といえます。
他にも腸内環境を良くして身長を伸ばすのに役立つ食材としておすすめなのが、「わかめ」です。わかめは食物繊維が豊富で、腸内に住んでいる善玉菌のエサとなるので、腸内環境を良くしてくれます。そしてわかめは意外と知られていませんが、カルシウムを豊富に含む食材です。ですので、わかめも腸内環境を良くして身長を伸ばすのに役立つ食材といえます。

腸内環境を良くして身長を伸ばす最強の食材は?


腸内環境を良くして身長を伸ばすのに役立つ食材として一番おすすめしたい、最強の食材があります。それは「納豆」「味噌」などの大豆の発酵食品です。
大豆は身長を伸ばすために必要な成長ホルモンの分泌を活性化させるアルギニンを摂取できる食材としてとても有名です。
そんな大豆を発酵させたのが味噌や納豆です。大豆を発酵させることで、善玉菌を体内に取り入れることができるので、腸内環境改善にも大いに役立つ食材です。
さらに納豆は、アルギニンだけでなく、身長を伸ばすために欠かせないカルシウムも含んでいます。
まさに納豆は腸内環境を良くして身長を伸ばすのに役立つ、最強の食材といえます。
ぜひ、身長がなかなか伸びなくて、お腹の調子もあまりよくないという悩みがあるなら、
毎日の食事にぜひ、納豆や味噌などの大豆の発酵食品を取り入れてみてくださいね。