身長を伸ばす運動方法|バスケ・バレーなど

子供が身長に悩んでいる時には、運動をさせる、といった方法があります。運動をすると、成長ホルモンが活性化することが分かっています。身長の伸びにも大いに関わっているのです。

ただし、どんな運動でも良い結果が得られるわけではありません。身長を伸ばす運動もあれば、逆に身長の伸びを阻害してしまう運動もあります。

こちらでは、身長を伸ばす運動方法をお教えします。お子さんが身長に悩んでいるようであれば、するように促してみませんか。

バスケットボールやバレーボールがおすすめ!

・上下の運動を繰り返す運動は身長の伸びを助ける

いわゆる、ジャンプ競技と言われるものが身長に大きな役割を果たしている、といったことが言われているのです。ジャンすることによって骨に刺激が伝わります。骨端線の伸びにも影響を与える、と思われているのです。

バスケットボールやバレーボールは、練習中に資源と何度もジャンプを繰り返すことになります。骨にも程よい刺激を与えて、さらに運動をすることによって成長ホルモンが分泌されます。結果的に身長が伸びやすい状態にしてくれるのです。

・注意!ハードな練習は逆効果になることも

強豪のクラブチームに入ってしまうと、ものすごくきついトレーニングが待っています。バスケやバレーは確かに身長を伸ばすためには有効な運動といえるのですが、非常に強い刺激が加わりすぎてしまうことも考えられます。

成長期に関節に強い刺激が与えられてしまうような運動は避けなければなりません。程よく刺激を与えることが肝心なのです。

強豪のクラブチームではなく、趣味の延長線上といったチームに入れて運動させましょう。お子さんが本気でうまくなりたい、といった意思を示したのであれば、その時になってから強豪チームに入れてあげればいいのです。

バレーやバスケ以外に良い運動方法はないの?

・縄跳びもおすすめ

縄跳びは上下運動の繰り返しです。しかも、一定のジャンプを繰り返すことになり、関節への負担もそれほどきつくない、といったメリットもあります。一人でもできる運動法なので、縄跳びを実施させるのも一つの方法ですよ。

・スイミングもおすすめ

スイミングの良い所は、全身を使う、といったところです。腕も足も使います。腹筋も背筋も使います。すべての筋肉をまんべんなく鍛えられるのです。

ただ、水泳はエネルギーの消費率が極めて高いです。長時間運動させると身長の伸びを阻害させかねないので注意してください。