睡眠不足の子供が低身長になる理由

睡眠不足に陥ってしまうと、子供は低身長になってしまいます。こちらでは睡眠不足はなぜ低身長を引き寄せてしまうのか、といったことを明らかにします。低身長であり、しかも睡眠時間が短い、といった子供がいる親御さんは必見です。

睡眠不足がストレスを高めてしまう

・身長を伸ばすための栄養が送られなくなってしまう

睡眠不足はストレスの解消を阻害します。我々は寝ている時にストレスを解消しています。しかし、睡眠不足の状態になってしまうと、ストレスが解消されずに残り続けてしまいます。

ストレスが高まると血管に大きな影響が出てきます。血管を収縮させてしまうような作用があるのです。血管が収縮してしまうと、全身の血の巡りが悪くなってしまいます。我々は、血液によって全身に栄養を送っています。ですから、ストレスが高まって血液の流れが悪くなると、栄養不足のような状態になってしまいます。

仮に、身長を伸ばすためにカルシウムを食事やサプリメントで摂ったとしても、血液の流れが悪ければ、その栄養が骨に送り込まれにくい状態になってしまいます。

寝不足が、いかに身長に悪い影響を与えているかが分かりましたよね。

睡眠不足が成長ホルモンの分泌を阻害してしまう

・成長ホルモンが分泌されなければ身長は伸びない

寝ている時に成長ホルモンが分泌されることがわかっています。睡眠時間が少なければ、その分成長ホルモンの分泌量が少なくなってしまうのです。

成長ホルモンは骨端線の伸びなどに関わっていると考えられています。身体を大きくするためには、骨端線を成長ホルモンによって刺激することは欠かせません。大人になっても成長ホルモンは分泌されるものですが、子供の時には特に多く分泌されているのです。だからこそ、そのホルモンを利用して身長を効率的に伸ばしてやるべきです。

成長ホルモンは、深い睡眠の時の特に大量に出ることが分かっています。睡眠時間を長くするだけでなく、深い睡眠を得る、といったことも考えなければなりません。

早く布団に入らせる、といったことと同時に、昼間に紫外線をたっぷりと浴びさせたり、運動をたくさんさせる、といったことも考えておくべきです。長時間の睡眠と、質の良い睡眠を実現させて、高身長を目指してみませんか。