話題のサプリ・セノビック。その副作用とは?


はじめに


最近「身長を伸ばすサプリ」が人気になっています。
飲むだけで身長を伸ばしてくれるのであればすごく嬉しいですが、一方で「身長を伸ばすサプリって何か不安。副作用はないのかな?」とお思いの方も多いと思います。
そこで今回はその一つである、「セノビック」の副作用についてみていきたいと思います。


セノビックに副作用はない


結論から入りますと、用法通り摂取すればセノビックに副作用はありません。
とはいえしっかりとした根拠が知りたい方がほとんどだと思いますので、その根拠についてみていきましょう。


セノビックの成分について


セノビックはそもそもサプリメントであり、薬ではありません。
そのため、薬のような強い成分は入っていません。
花粉症の薬のように飲んだら眠くなったりするような副作用も一切ありません。

セノビックの具体的な成分はカルシウム、ビタミン、鉄分、ボーンペップ、たんぱく質、炭水化物、脂質、ナトリウムなどで、体にとって必要な栄養素です。
この中で多く含まれているのは、身長を伸ばすサプリだけあってカルシウム、ビタミンD、鉄分、ボーンペップです。
ちなみにボーンペップは卵黄に含まれる栄養素で、骨を伸ばしたり骨を強くしたりしてくれます。

気になる点があるとしたら炭水化物と脂質の量と、カロリーがあげられると思います。
セノビックは子供が飲みやすいように甘い味付けになっています。
そのため、ずっと摂取していると太ってしまうのでないだろうか?と心配になってしまう人は多いかもしれませんね。

セノビックは1日2回摂取するのがいいとされていて、1回につき20gですので、摂取量は1日で40gです。
その分の摂取カロリーは多くても80kcalです。
セノビックは基本的に牛乳と混ぜるので牛乳の分のカロリーを含めると350kcal程度です。
ちなみにこれは一人分のショートケーキのカロリーに近いです。
おやつが1回分増えてしまうと考えると大きいかもしれませんが、フレッシュオレンジジュースとあまり変わらないくらいなので、ジュースの代わりと考えればあまり影響はないでしょう。

次に炭水化物をみてみましょう。
炭水化物は体を作るのに重要な栄養素な一方でとりすぎると肥満の原因にもなることから、最近では低糖質ダイエットも流行っていますね。
セノビックに含まれる炭水化物量は1日分で20g程度です。
理想の炭水化物摂取量は1日の摂取カロリーの60%程度ですので、子供の1日の摂取カロリーから計算すると1日に必要な炭水化物量は300g程度になりますので全く問題はありません。

最後に脂質です。
セノビックに含まれる脂質量は味によってだいぶ変わりますが、一番多いバナナ味で、1日分で0.9gです。
理想の脂質摂取量は1日の摂取カロリーの20%程度ですので、子供の1日の摂取カロリーから計算すると1日に必要な脂質量は40gくらいとなります。
これも問題ないといっていいでしょう。

この通り、セノビックを摂取し続けたからといって太ることはないです。
そもそも運動も身長を伸ばす重要な要素なので、身長を伸ばすために頑張っていれば太ることはまずないでしょう。

ただし成分面で一つだけ注意しないといけないことがあります。
それはアレルギーです。
牛乳アレルギーの方や、卵アレルギーの方が摂取すると、じんましんなどの悪影響を起こす可能性があります。
これだけはどうしようもないので、そういったアレルギーをお持ちの方は、何か別の手段を考えましょう。


セノビックの副作用に関する噂


成分上はセノビックが副作用を引き起こすことはない、ということがわかりました。
それでは次に、実際に噂となっているセノビックの副作用について、検証していきたいと思います。

セノビックの副作用として噂されているのは、肝臓や腎臓への悪影響です。
しかし結論から言いますと、これらの点について普通の方は心配しなくても大丈夫です。

まず肝臓についてですが、プロテインを過剰摂取することによりプロテインを消化する肝臓が疲労し、肝機能障害を起こす恐れがあります。
これを根拠に、一部の味ではプロテインを含んでいるセノビックの副作用の一種として、肝臓への悪影響を伝えている情報があるようです。
たしかにバナナ味やポタージュ味のセノビックにはプロテインが含まれていますが、決まった分量を毎日飲む限りは過剰摂取にはなりません。
プロテイン(たんぱく質)の1日の摂取量は体重1kgあたり1gで、セノビックに含まれるプロテインは一番多いバナナ味で4gなので、これが原因で過剰摂取になり肝臓に悪影響を与える、ということは考えなくて大丈夫です。

次に腎臓ですが、腎臓も同様にプロテインを過剰摂取することにより腎臓のろ過機能を悪化させてしまいます。
そして腎臓機能が悪化してしまうと、高血圧や骨そしょう症になりやすくなってしまいます。
ただし先ほど述べた通り、セノビックのプロテイン量はそこまで多くないので、問題ありません。

一つ問題があるとするとがんを患っている方です。
がんを患っている方がカルシウムを摂取しすぎると、高カルシウム血症という腎臓にカルシウムが沈着することによって起こる障害を引き起こしてしまうケースがあります。
ただしこれは特殊なケースですので、普通の方は全く心配ありません。


まとめ


セノビックの副作用についてみてきましたが、アレルギーや病気をお持ちの方以外は副作用を心配する必要がない、ということがわかっていただけたでしょうか?

とはいえ、過剰に摂取しますと栄養過多になる可能性はなくはないので、摂取するときは用法をしっかり守りましょう。
また、成分が作用する効果の詳細に関しましては本当に背は伸びる?セノビックの効果の方にございますので、併せてご確認ください。