アルギニンはサプリだけ?食品で摂取できないの?

健康作用があるだけでなく、身長を伸ばしてくれる機能も持っている、といったことで話題に沸騰中なのがアルギニンです。アルギニンは身長系サプリメントなどにも多く含まれているのですが、食品で摂取する事はできないのでしょうか。食べ物からとったほうが親御さんとしては安心ですよね。

こちらでは、アルギニンを多く含んでいる食材についてお教えします。いずれかの食品を必ず食卓に並べる、といったことを行ってみませんか。

アルギニンは多くの食材に含まれている!

・比較的摂取しやすいアミノ酸である

アルギニンはアミノ酸であり、一般的な物質でもあるので、それほど摂取が難しい訳ではありません。お肉にも含まれていますし、大豆類にも含まれているのです。定期的に食卓に上がるものでも、体内に取り込めます。

ただし、食品での摂取には少し問題があるのも事実です。実は、カロリー過多になってしまうことが指摘されています。子供がアルギニンをたくさん食材で摂取しようとすると、肥満につながってしまうことも考えられるのです。肥満は身体にも負担をかけてしまうなど、低身長の原因ともなります。

得る義認を含んでいる食材を食べるのはおすすめですが、カロリーが気になるのであればやはり身長系サプリメントの利用が適切です。サプリメントであれば、カロリーをそれほど気にせずに利用できる、といったメリットが有りますよ。

アルギニンはどんな食材に多く含まれているのか?

・豚ゼラチン
・干し湯葉
・鰹節
・高野豆腐
・落花生
・ゴマ
・大豆
・アーモンド
・くるみ
・豚肉
・牛肉など

一部カロリーが低いものもありますが、お肉など比較的カロリーが高いものも少なくありません。安心して食べさせられる野菜などには多く含まれていないので、親御さんとしては悩みどころかも知れません。

ちなみに湯葉や高野豆腐に関しては水に戻す前の状態でアルギニン量が多いと判断されています。水に戻すとアルギニン量の割合が少なくなるので、その点は理解した上で食事に出すのがおすすめです。

注目して欲しいのがナッツ類です。子供にアルギニンを食べ物から摂取させたいのであれば、おやつにアーモンドやくるみなどを与える、といったのはいかがでしょうか。食感もカリカリとして美味しいですし、子供としてもナッツ類はおやつ感覚が強いものです。おやつで身長が伸びるようになれば言うことなしです。