アルギニンと身長の関係性を探る

アルギニンを摂取すると身長が伸びやすくなる、といった印象はなんとなくでもあると思います。最近では、カルシウムよりも注目されている成分ですからね。

こちらでは、アルギニンの真実に迫ります。アルギニンにはどのような作用があって、どのように身長を関わっているのでしょうか。徹底解説します。

アルギニンの成長ホルモン活性化作用が身長を伸ばす

・成長ホルモンが活性化すると新陳代謝が促進される

アルギニンには、成長ホルモンの分泌量を増やす、といった作用が認められているのです。成長ホルモンは身長だけでなく、筋肉の構築などさまざまなものに利用されています。

アルギニンを摂取すると成長ホルモンが分泌されます。その成長ホルモンは全身の代謝を促進させる、といった機能を持っているのです。代謝機能が促進されると、骨の周辺の細胞の働きも活性化します。その結果、身長が伸びる、といった結果が得られるのです。

ただし、アルギニンを摂取しているだけでは身長は伸びません。他にも様々な対策を立てた上で、アミノ酸であるアルギニンを効率的に摂取する、といったことが必要になってくるのです。

アルギニンを摂取しつつも同時に行うべき対策とは?

・十分な栄養の摂取
・質の良い睡眠
・適度な運動

以上の3つを心がけてください。アルギニンを単に摂取したとしても、成長ホルモンがうまく働かない可能性もあります。そこで上記のような生活習慣に関わる対策を実行すべきなのです。

栄養ですが、アルギニンを含むさまざまなアミノ酸やミネラル、そしてビタミンやタンパク質を指しています。からだづくりがスムーズにされるように、栄養不足にならないように気をつけなければなりません。そもそも、子供の時は代謝が良いので、栄養が少ないと、すぐに体に影響が出てしまいます。骨がすかすかになってしまえば、身長の伸びも阻害されてしまいますよね。

睡眠にも気をつけなければなりません。成長ホルモンの分泌と大きな関係性があることが分かっているのです。アルギニンには成長ホルモンを活性化させる働きがありますが、そもそも大量に分泌されているときは眠っている時なのです。睡眠が浅かったりすると、成長ホルモンの分泌量が少なくなってしまうので注意してください。

運動をすることで成長ホルモンを活性化させる、といった方法もあります。アルギニンを摂り、適度な運動をして、質の良い睡眠をとることができれば、成長ホルモンがものすごくたくさん出るようなことも考えられますよ。