そもそもアルギニンって何?

子供の身長を伸ばす系のサプリメントには「アルギニン」といった成分が含まれていることが多くなってきました。昔は【カルシウム】一辺倒だったのですが、その状況も随分と進んできたのです。

こちらではそのアルギニンとは一体どんな成分なのか、といったことをお話します。

アルギニンはアミノ酸の一種である

・非必須アミノ酸である

アミノ酸には、必須アミノ酸と非必須アミノ酸があります。必須アミノ酸は食べ物や飲み物で体外から摂取しなければなりません。一方で非必須アミノ酸に関しては、体内で生成できます。では、アルギニンを摂取する意味が無いのではないか、と思うかもしれません。

アルギニンですが、実は子供の時は体内で生成しづらい、といった特徴があります。どうしても減りがちになってしまうのです。だからこそ、サプリメントや食品などで積極的に補ってやる必要があります。

アルギニンの主な働きとは?

・血流を改善させる
・活性酸素を除去する
・成長ホルモンの分泌を促す

上記のような効果を持っているのです。血流の改善に関しては、全身に栄養を送りやすくします。身長の伸びも骨の成長に大きく関わっているので、血流のアップには大きな効果がある、と言っても過言ではありません。活性酸素の除去に関してはアンチエイジング効果が期待できます。子供を対象として考えるのであれば、アンチエイジング作用はあまり気にしないかもしれません。

注目して欲しいのが、成長ホルモンの分泌を促す、といったものです。子供の時には成長ホルモンが活発に分泌されているのですが、個人差もあります。身長が伸びる子供は豊富に出ているのですが、身長があまり伸びていない子供は分泌量が少なくなっているのです。そこでアルギニンを摂取させて、成長ホルモンの分泌を活性化させる、といったことを考えます

・実は精力的な効果も期待できる

子供には関係のない機能ですが、アルギニンには男性機能を改善させる作用があることも認められています。そもそも精力剤の多くにアルギニンが含まれているほどなのです。

精子の数を増加させたり、精子の運動性を高めたり、といった機能があることも分かっています。不妊症に悩んでいるカップルがアルギニンを摂取したところ妊娠出来た、といったケースも多く報告されているほどです。

アルギニンには上記したように様々な効果があり、人体には無くてはならない成分なのです。