成長ホルモンの分泌を促進させる方法

成長ホルモンは身長を伸ばすために欠かせません。特に超学生の時や中学生の時には、活発に分泌させておきたいところです。ただし、子供によって分泌が促進されている場合もあれば、分泌量が少ない場合もあります。

こちらでは身長を伸ばすために、どうすれば成長ホルモンを活性化出来るのか、といったことをおはなしします。分泌を促進させる方法を知りたい方は必見です。

眠ることが大切!

・スムーズで質の良い睡眠が必須

成長ホルモンは、深い眠りの時に多く分泌される仕組みがあります。長時間睡眠も重要なのですが、長時間眠ったとしても眠りが浅ければ意味がありません。いかにして深い眠りを獲得するのか、といったことが重要になってくるのです。

・深い眠りを獲得する方法

日中に体をある程度動かしておくことです。あまりに強い疲労はよくありませんが、程良い疲労は睡眠に大きな効果を働かせてくれます。たとえば、20分から30分くらいの運動です。運動自体が成長ホルモンの分泌作用があるので、良いことばかり、といった感じになるのです。

日中に体を動かす時ですが、なるべく屋外が良いです。紫外線を浴びることも質の良い睡眠を獲得するためには欠かせないことだからです。紫外線を浴びることでも程よい疲労につながってくるんですよ。

・睡眠前の部屋の明るさにも注意せよ

なるべく暗めの照明にしてください。明るい照明にしてしまうと、脳が覚醒してしまうのです。明るい照明のままで寝る直前までいると、睡眠の導入までに時間がかかってしまい、深い睡眠も取れにくくなります。

蛍光灯が3本ある部屋にいるのであれば、お風呂が出てから寝るまでの時間は2本程度にする、といった対策方法もおすすめですよ。

・室温にもこだわること

エアコンを有効活用してください。冬は寒すぎるとなかなか寝付けません。一方で、夏は熱すぎるとなかなか寝て受けませんよね。あまりに寒かったり、あまりに暑かったりすると、途中で起きてしまう、といったことも十分に考えられるのです。

ちなみに冬に関しては、布団も冷えきってしまっています。少しストーブの前で温めてあげる、といったこともおすすめですよ。火事にならないように一定の距離を保った位置に置いておきましょう。寝る時に少し暖かい布団になっていれば、寒い冬でも快適な睡眠が得られます。