成長ホルモンの分泌を促進させる成分3つ

身長の伸びに大きく関わる成長ホルモンは。食べ物や身長系サプリメントを利用することで促進させられます。

こちらでは成長ホルモンの分泌に関わる成分を3つ紹介します。

成長ホルモンの分泌を促進させる成分3つとは

・亜鉛
・アルギニン
・プラセンタ

アルギニンに関しては、身長系サプリメントの多くにも含まれているのでイメージ通りかも知れません。アミノ酸の一種であり、骨を伸ばす作用があるとされる成分です。成長ホルモンを活性化させる働きがあります。
他にも、学習能力をアップさせたり、記憶力を高めてくれたりする、といった機能もあります。お子さんお勉強にも良い効果をもたらしてくれる成分なのです。

亜鉛については、ミネラルの一種です。現代人には減りがちなので、食事だけではなくサプリメントからの摂取もおすすめされています。主な効果としては、強い体づくりをしてくれる、といったものがあります。
身体を健康状態にして、身長を伸ばす条件を整える成分ともいえます。

プラセンタは、哺乳類の胎盤です。美容目的で利用されているケースが多いのですが、身長を伸ばすためにも注目されているのです。プラセンタには筋力をアップさせる機能があり、身体づくりに大きな働きを持っています。
そもそもも筋肉をつけるためにも成長ホルモンが大きく関わっているのです。

3つの成分はどんな食材で摂取できるのか?

【亜鉛を多く含む食材例】
・牡蠣
・からすみ
・煮干し
・するめ
・毛ガニ
・たらこ
・ビーフジャーキー
・レバー
・チーズ(パルメザンチーズ・エダムチーズ・チェダーチーズ)
・ごま
・カシューナッツ
・アーモンド
・落花生など

亜鉛はこのように様々な食材に含まれていますが、物によっては好き嫌いがはっきりと別れてしまうものもあります。カロリーが高いものもあるので、食べ物から摂取する時には気をつけてください。

【アルギニンを多く含む食材例】
・鰹節
・落花生・ゴマ
・大豆
・アーモンド
・油揚げ
・豚肉
・牛肉など

肉からも摂取できますが、健康を考えると大豆が適しています。大豆にはタンパク異質も豊富に含まれているので、子供の成長に大きな役割を果たしてくれる食材です。

※プラセンタに関しては哺乳類の胎盤なので、食材で摂取することはなかなか難しいのが現状です。プラセンタの摂取を考えているのであれば、食べ物ではなくサプリメントが適切です。