なぜ大人は成長ホルモンが分泌されても身長が伸びない?

子供は身長を伸ばすために成長ホルモンを活発に分泌させています。大人になるとその成長ホルモン量は低減してしまいます。しかし、運動をしたあとなどにはしっかりと分泌されています。寝ている時にも分泌されているのです。

なぜ子供の時と同じように量は少ないけれど成長ホルモンを分泌しているのに、大人になると身長が伸びなくなってしまうのでしょうか。こちらでは、大人の身長が伸びない理由に迫ります。

大人は骨の伸びる部分が消失している!

・大人には骨端線がない

身長は骨が伸びることによって伸びているのです。骨が伸びなくなれば、身長はそのままの状態になってしまいます。その骨の成長に関わっているのが、骨端線と呼ばれているものです。骨端線は軟骨のようなものになっており、そこで骨が伸びているのです。骨端線があるかぎりは身長が伸びる可能性が出てきます。

しかし、骨端線は一生涯にわたって存在しているものではありません。年齢が高くなると、消えていってしまうのです。大人には骨端線はなくなっているので、それ以上は身長が伸びることがありません。

大人には骨端線がないということが、成長ホルモンがあるのに身長が伸びない理由なのです。そこで気になってしまうのが、骨端線は何歳くらいまであるのか、といったことです。

骨端線は何歳くらいまであるものなのか?

・男性の骨端線が残っている上限平均年齢・・・17歳から18歳程度
・女性の骨端線が残っている上限平均年齢・・・15歳から16歳程度

男性と女性によってかなりの差があります。さらに個人差もかなりあるので、必ず上記の年齢まで骨端線が残っているとは限りません。

かなりの年齢まで身長が伸びる可能性がある、といったことだけは分かってもらえたと思います。

・成人まで骨端線が残っていることはありえないのか?

可能性はあります。20歳を超えても身長が伸び続けている例もあるからです。圧倒的に少数となりますが、男性であれば25歳くらいまで骨端線がある人もいます。女性であれば、22歳くらいまで骨端線が残っているケースもあるのです。

骨端線を確認する方法はないのか?

・レントゲンで簡単に確認できる

骨端線に関しては、レントゲンを撮るとはっきりと見えるので一度チェックしてもらいましょう。

骨端線が残っている場合には、身長を伸ばす系のサプリメントを利用する価値はありますよ。