男女で異なる?子供の成長の仕組み


男女で変わる身長や成長の違い


男の子と女の子、体のつくりが違うのは勿論ですが、それに伴って成長の速さや一番成長する時期、果てには身長の伸びる時期まで大きく異なってきます。

このことから、男の子と女の子で成長を促すための方法や手段が変わってくることもご理解いただけたかと思います。

そこで本記事では、性別ごとに成長過程を細かく説明し、さらにその上でどのような方法を取るべきなのかをご説明していきたいと思います。


男女共通の成長期


男の子と女の子で大きく成長するタイミング、いわゆる「成長期」は異なると前述いたしましたが、それでも共通した成長期というものも存在します。
では、この成長期とはいったいどの時期を指すのでしょうか?
 
最初の成長期は生まれたばかりの時期に来ます。
生まれたばかりの新生児の身長は平均して50センチ前後であると言われています。
そこから急激に身長の伸びが発生し、4歳を迎えるころには新生児であったころの約2倍で身長は伸びます。
この時期を「第一次成長期」と呼ばれています。

第一次成長期を過ぎると身長の伸びるペースは緩やかになりますが、それでも基本的に身長は伸び続けます。

そして、その次に大きく成長するのが「第二次成長期」いわゆる「思春期」です。
この時期は別名「第二次性徴期」とも呼ばれ、身長のみならず体つきも男性らしく・女性らしく成長し始めます。

そしてこの時期は子供の成長のある意味で最終段階ともいえるフェーズになっており、この時期を過ぎると身長の伸びはかなり緩やかなものになっていきます。
というのも、この時期を過ぎると骨の成長が止まってしまうことから身長の伸びがなくなってしまうのです。

このことから、子供には男女問わず身長の大きく伸びる時期があることがお分かりいただけたかと思います。

ここからは更に男の子と女の子に二分したときの成長の特徴をご説明していきたいと思います。


女の子の成長


子供が大きく成長するタイミングというのは、共通して「第一次成長期」「第二次成長期」の2回あることはお分かりいただけたかと思いますが、ここでは女の子に焦点を当てて、成長の特徴についてご説明していきたいと思います。
 
基本的に「第一次成長期」の時点での成長に関しては男女ともに大きな性差はありません。
そのため、大きく変わってくるタイミングは「第二次成長期」のフェーズにあります。

身長で見たときに女の子の成長が著しいのは平均的に「11歳頃」であると言われています。
何故この11歳というタイミングであるかというとそれは「思春期」が大きくかかわってくるのです。

第二次成長期はいわゆる思春期のタイミングとリンクしていると言えます。
そしてそのピークは「思春期が来る直前」に来ると言って過言ではないのです。

一般的に女の子は成長のピークを迎えたのちに初潮が来ると言われています。
そしてその初潮が始まると体が大人になった証拠とも取れる為、身長の伸びは非常に緩やかなものになるのです。

しかし、思春期の女の子であれば周囲の目を気にし始めるタイミングでもあります。
ここで大きな弊害になりかねないのが「思春期におけるダイエット」です。

月経が来たからといって身長の伸びや成長が完全に停まってしまうというわけではなく、まだ成長の余地は十分あるのです。
そのタイミングで成長を阻害しかねないダイエットをしてしまうと、その後の身長の伸びが阻害されてしまうという問題のみならず、身長以外の成長に対して大きな障害になりかねないのです。

このことからも、思春期における成長の仕組みと身長のメカニズムがご理解いただけたかと思います。

次項では男の子の成長期に関するお話をご説明させていただきたいと思います。


男の子の成長


先ほど女の子は思春期に成長のピークが来るということはご説明させていただきましたが、男の子の場合はいったいどのタイミングなのでしょうか?

結論から申し上げますと、男の子であっても成長のピークが思春期にあることは変わりありません。
しかしここにも男の子と女の子の性差というものは大きく存在しています。

そのことから、ここでは男の子の思春期における第二次成長期について解説させていただきたいと思います。

男の子の成長のピークは前述した通り第二次成長期にあります。
ここの身長の伸び方でいえば、女の子の身長の伸び方よりもはるかに大きく、第二次成長期前に女の子より身長の小さかった男の子であっても、成長期が終わるころには女の子よりはるかに大きくなっているということも全く珍しくありません。

そしてここで大きく女の子と変わってくるのは第二次成長期のタイミングです。
女の子の第二次成長期は11歳前後が平均的なのに対して、男の子の第二次成長期は13歳前後にあると言われています。

この差は純粋に「思春期の訪れるタイミング」が大きく関わっており、女の子の方が男の子より早く思春期を迎えるという所にあります。

女の子の方が「おませ」というのは割とよくある話ではありますが、こういった話も思春期の来るタイミングが女の子と男の子で差異があるため言われていることなのです。

そして、この思春期を迎えたころ、男の子の成長はピークを迎えます。
男の子の第二次性徴の特徴としては「声変わり」「喉仏の発現」「体格ががっしりしてくる」等ありますが、この時期が身長を大きく伸びるタイミングなのです。

ここで女の子の時に説明した成長を阻害する要素として男の子に言えるのは「過度な筋トレ」です。過度な筋トレは身長を伸ばすのに必要な骨の成長を阻害し、身長の伸びを妨げる要素になりうるのです。

こういったことに配慮するだけで男の子の身長の伸びは非常に変わってくるのです。

まとめ


女の子と男の子の成長の性差についてご説明させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

これらの情報はある意味大前提ともいえる条件ではありますが、さらに成長を促すために必要な要素としては「睡眠」「食事」「運動」が必要になってきます。

成長期に十分な睡眠が取れなければ身長のみならずすべての成長を阻害する要因になりかねませんし、適度な運動は丈夫な体を作るうえで必要不可欠であると言えます。

そして一番重要なのは食事による栄養摂取です。
骨を伸ばすためにはカルシウムが必要ですし、肉を作るためにはたんぱく質や脂質が必要です。
その他の必要な栄養を摂取することは意識しなければできないものである上、栄養バランスを考えた食事というものは非常に考える労力も作る労力も小さなものではありません。

最近は子供の成長を考えたうえで作られた子供用のサプリメントというものも非常に多種多様なものが出てきています。
時代の移り変わりに際してこういったサプリメントを使っていくことも、子供の成長を考えるうえで非常に有効な選択肢といえるものであるかと思いますので、子供の成長を考えるのであれば一考するのもよいかと思われます。

また、これらの成長に関して更に身長に焦点を当てた記事が「子供の健康と成長に必要な栄養素」です。こちらの方も併せてご確認いただくことでさらに理解を深められることと思いますので、是非一読ください。