子供の身長を伸ばす運動とは?

成長期の子供の身長を伸ばすには運動がおすすめです。
運動といっても様々な種類の運動がありますが、どういった運動が成長期の子供の身長を伸ばす効果があるのか、おすすめの運動から、身長を伸ばす運動の注意点についてご紹介します。

身長を伸ばす運動の特徴とは?


運動をするとどうして身長を伸ばす効果が期待できるのでしょうか。

骨というのは、運動による刺激を加えることによって、強くなります。
そして縦方向の力を加えることで、伸びてくれます。さらに、運動をすることによって成長期のお子さんの成長ホルモンの分泌を活発化してくるのです。

運動をしないと、一番身長が伸びる、成長ホルモンの分泌が活発な時期に刺激が加わらないため、低身長になってしまいます。

ですから特に思春期に入る前、女の子では小学生6年生くらい、男の子では中学生~高校生の間はしっかりと運動をすることが身長を伸ばすために重要です。

身長を伸ばす運動の特徴は「骨に縦の力が加わるスポーツ」です。
例えば、ジャンプをしたり、全身の筋肉をバランスよく使うスポーツが身長を伸ばすにはおすすめだといえます。

一番おすすめの運動は?


野球にサッカー、バスケットボール、陸上など様々なスポーツがありますが、一番おすすめのスポーツは、ここだけの話、「水泳」ではないかと思います。


%e6%b0%b4%e6%b3%b3


身長を伸ばすには、全身の筋肉を使って刺激することが重要です。

どうしても、野球であれば、投手とバッターではトレーニングする筋肉は異なりますし、サッカーでも足を中心に鍛えることが多いです。つまり、特定の筋肉を鍛えてしまう傾向があります。

一方、水泳は、腕や足の筋肉はもちろん、全身の筋肉を鍛えないと早く泳ぐことはできません。確かにオリンピックの選考会など、水泳選手を見ていると身長の高い選手がほとんどですよね。
ですので、お子さんの成長をサポートするには、水泳教室に通わせてみるのもおすすめです。

過度な運動は成長をストップさせてしまう!


運動は身長を伸ばすにはとても効果的ですが、やり過ぎは禁物です。
因果関係はまだはっきりとしていませんが、特に成長期のお子さんは過度な運動、特に筋トレをしてしまうと、筋肉が過度に収縮して、骨の成長を阻害してしまうのではないかと考えられています。
ですので、子供に過度の運動をさせるのはやめましょう。

子供の成長に運動は欠かせません。おすすめの運動は水泳ですが、特に子供が小さいうちは様々な運動にチャレンジして、いろんなスポーツをママもパパも一緒に楽しんで、お子さんの成長をサポートしてあげましょう。

また、運動すると、カロリーが消費されてしまい、栄養がなかなか十分に摂取できていないということもあります。
普段の食事でも、お子さんの80%は、成長を促進するアルギニンやカルシウムは足りていません。しっかりと運動での身長を伸ばす効果をアップさせるためにも栄養が重要です。ただ、なかなかアルギニンなどの成長ホルモンの分泌を活発化させる栄養素は普段の食事で全て補うのは難しいので、サプリメントの力を借りてみるのもおすすめですよ。

年代別・性別毎の身長が伸びるサプリランキング