子供がぐっすり眠ってくれる方法

お子さんの成長が気になるママたちは、身長を伸ばすためにはぐっすり夜寝てもらうのが必要というのはわかっていても、なかなかお子さんは眠ってくれないという問題に直面しているママがほとんどです。
ではお子さんがしっかりとぐっすりと眠ってもらって、身長を伸ばすにはどうすればいいのでしょうか?
ママのそんな悩みの1つ、お子さんがぐっすりと眠ってくれる方法をご紹介します。

ぐっすりと眠ってもらうにはリズムと整える!


夜更かしをしてしまう子供のほとんどは、朝が苦手という子供がほとんどです。
これは1日のリズムが崩れてしまっているからです。幼稚園や保育園のお子さんでも小学生のお子さんでもこれは同じです。
ですから、明日の朝からさっそく朝しっかりと早起きをしましょう。

通園時間にもよりますが朝7時までには起こしましょう。
どうしても起きられない子は、部屋のカーテンをすべて開けて、日の光を入れて、子供のテンションの上がる音楽をかけましょう。

そしてそのまま洗面所で顔を洗ってもらうことで目が覚めます。

起きなさい!と怒鳴るよりも効果抜群なので試してみてください。


%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%ae%e6%b4%97%e9%a1%94


そして夜は遅くても夜9時までに寝てもらいましょう。
特にゲームやスマホ、タブレットは目に光の刺激が強すぎて生活リズムが乱れてしまう原因となるので、夜8時以降の使用はやめましょう。
夜9時までには暗い部屋でベッドに横になるだけで、生活リズムが整います。
最初は寝付けなくても、リズムがつけば自然と夜9時までにはぐっすりと眠ってくれるようになります。

外で遊ぶことも熟睡には必要!


保育園や幼稚園、小学生のお子さんでも、学校などでしっかりと体を動かしていますが、子供のうちは、1日4時間は外で体を動かした方がいいとされています。
子供は意外と体力があるので、できるだけ外で遊ぶことで、夜寝るときにぐっすりと眠ってくれます。
でも4時間も遊ばせるのは特に小さなお子さんでは、ママが付き添うのも大変です。

公園に行けるようでしたら、ママは座って遊具で遊んでいるのを見守るのもいいですし、
なかなか公園へ連れていけないのであれば、ベランダでボール遊びをさせてあげるだけでも全然違います。


SONY DSC


また、大型ショッピングモールに買い物にでかけて、ショッピングのときに一緒に2時間くらい歩いてもらうのもお子さんにとっては立派な運動なので、ママも楽しむこともできます。また、ママのお掃除や洗濯などのお手伝いも十分な運動となります。

うまくできなくても一緒にするだけで運動不足もコミュニケーション不足も解消できるので、家事を手伝ってもらうのもかなりおすすめです。

セロトニンという栄養もしっかりと摂取することも質のいい睡眠には重要


ぐっすりと眠ってくれない理由に、メラトニンの分泌が低下していることも挙げられます。

メラトニンはぐっすりと眠るために必要なホルモンです。
メラトニンを多く含む食材を普段の食事に取り入れて、メラトニンをしっかりと補うことで、子供はぐっすりと眠ってくれるようになります。
そういった栄養面からも睡眠をサポートしてあげましょう。

ただメラトニンはご飯30杯近く食べないと必要な量を摂取できないので、小さなお子さんには到底無理なので、サプリメントで補ってあげるといいかもしれません。

なかなかお子さんが寝てくれないと、ママもイライラしてしまいがちです。
正しい習慣と運動、食事を心がけると、ぐっすりと眠ってくれて、しっかりと成長してコンプレックスである身長も伸ばすことができます。

ただ、ママが忙しかったり、お子さんの好き嫌いが激しいと、食事が不規則になりがちで子供がぐっすりと眠ってくれなかったりします。そういうときは、サプリメントの力を借りて、ママも子供もストレスを感じないようにすると親子関係もきっと良好に保たれるのではないでしょうか。

年代別・性別毎の身長が伸びるサプリランキング

ぜひ今回ご紹介した方法を実践して、お子さんにぐっすりと眠ってもらいましょう。