中学生の平均身長は?本当に正しい身長の伸ばし方



中学生の平均身長は何センチ?




中学生。思春期真っ只中で自分と他人を比較することも増える時期です。そうなってくると、「自分の身長、周りの友達よりも低い気がする」「中学生の平均身長ってどのくらいなんだろう?」と疑問に思う人もいますよね。そこで、男女別、都道府県別などで中学1年生〜3年生の平均身長を調査しました。

男子中学生の平均身長




男子中学生の平均身長は、以下になります。(平成28年度)

中学1年生 152.7cm
中学2年生 159.9cm
中学3年生 165.2cm

この表を見ると、中学1年生の時に身長が平均で7cm伸びていることがわかります。2年生の時も5cm以上伸びているので、中学生時代の身長の伸びがかなり重要になっていることがわかります。

女子中学生の平均身長




一方で女子中学生の平均身長は、以下になります。(平成28年度)

中学1年生 151.9cm
中学2年生 154.8cm
中学3年生 156.5cm

中学1年生の時は男子と平均身長はあまり変わりませんが、2年生3年生になるにつれて男子との差が明確になっていきます。身長の伸びる量としては、1年生の時は3cm近くあるものの、2年生の時は1.7cmとかなり少なくなってしまいます。

男女両方の表を見るとわかるように男子は中学生でも大きく身長が伸びているのに対し、女子は中学生になると身長の伸びがだいぶ落ちてくるのがわかります。
ちなみに男子と女子でこのように身長差が生まれる原因は最新科学で解明に向かっており、女性ホルモンのエストロゲンが身長の伸びを止めてしまうことと、男性が持つY染色体が身長の伸びを促進することなどが有力な説となっています。

では今度は身長の伸び率に注目してみましょう。

男子女子の身長の伸び率は?中学生の間がラストチャンス!




身長が伸びやすいとされる小学校高学年から中学までの伸び率は以下のようになっています。

学年 男子 女子
小学4年の1年間 5.2cm 6.8cm
小学5年の1年間 6.4cm 6.6cm
小学6年の1年間 7.5cm 5.1cm
中学1年の1年間 7.2cm 2.9cm
中学2年の1年間 5.3cm 1.7cm
中学3年の1年間 3.1cm 0.6cm
高校1年の1年間 1.1cm 0.4cm

データを見ると、女子の身長伸び率が高いのが小学校4~6年生の間で、男子は小学5年~中学1年である事がわかりますね!逆に高校生になると男子女子ともに身長の伸びはもう期待できないので、スムーズに身長を伸ばすためには、中学までにいかに効率よく身長を伸ばせるか、が大事になっていきます。簡単にいうと、中学生がラストチャンスということですね。では「どうしたら身長を伸ばせるのだろう?」と疑問に思う人も多いと思いますが、その前に「人によってなぜ身長が違うのか?」について見ていきたいと思います。

□1-4場所や年代でも変わる?!平均身長もろもろ



昔と今では平均身長が違うという話を聞いたことがある人もいるでしょうか。
実は平均身長は同じ日本国内でも時代や場所によって違うことが明らかになっています。

【男子中学生の平均身長の推移】

中1 中2 中3
昭和30年 139.2cm 145.3cm 151.7cm
昭和50年 148.6cm 156.1cm 162.2cm
平成元年 151.3cm 158.6cm 164.4cm
平成26年 152.5cm 159.5cm 165.0cm

時代とともに平均身長が上がっていることがわかりますね。特に昭和30年(1955年)と今では10cm以上差がありました。

【女子中学生の平均身長の推移】

中1 中2 中3
昭和30年 141.0cm 145.7cm 148.9cm
昭和50年 149.6cm 153.2cm 152.5cm
平成元年 151.4cm 154.8cm 156.4cm
平成26年 151.8cm 154.8cm 156.5cm

こちらも時代とともに平均身長が上がっていますが、男子ほどではありません。特に平成元年と26年の平均身長はほぼ同じになっています。

【男子中学生の都道府県別平均身長(平成28年度)】

中1 中2 中3
1位 154.9cm(秋田) 162.0cm(秋田) 166.6cm(秋田)
最下位 151.5cm(島根) 158.5cm(山口) 164.0cm(沖縄)
全国平均 152.7cm 159.9cm 165.2cm
東京都 153.2cm 160.7cm 165.9cm

【女子中学生の都道府県別平均身長(平成28年度)】

中1 中2 中3
1位 152.9cm(北海道) 156.2cm(秋田) 157.2cm(神奈川)
最下位 151.1cm(山梨、宮崎) 153.5cm(沖縄) 155.1cm(沖縄)
全国平均 151.9cm 154.8cm 156.5cm
東京都 152.6cm 154.9cm 156.9cm

男子女子ともに都道府県で差があることがわかりましたが、差の大きさは男子の方が大きいようです。全体として、北海道東北は平均身長が高く、西日本(特に沖縄)は平均身長が低いことがわかりました。都道府県による平均身長の差が最も大きいのは中学2年時の3.5cmで、東京都の平均身長は各学年男女とも全国平均を上回っています。

このように同じ日本人でも時代や場所によって身長が違っているということがわかりました。ではそもそも人によって身長が違ってくるのはなぜなのでしょうか。

身長を伸ばすにはどうしたらいい?




人によって身長が違うのはなんで?遺伝が全てじゃない!




人の身長に違いが生まれるのは大きく2つに分けられます。一つは遺伝的要因で、二つ目は環境的要因です。一つ目の遺伝的要因に関しては生まれた時に決まってしまいますが、身長を決めるのは遺伝だけではありません。環境もかなり重要な要因になっていくのです。一部のデータでは遺伝が身長に与える影響は25~30%程度とされていて、環境の重要性がわかります。

同じ日本人でも、同じアジア民族でも身長は違う




1章でも示したとおり、中学2年生の都道府県別の平均身長は最も高い秋田県で162cm、最も低い山口県で158.5cmとなっており、3.5cmの差があります。また全体の平均身長のデータですが、韓国と北朝鮮では男女ともに平均身長の差が7cm以上あるとされています。このことからも環境が身長に与える影響は大きいことがわかります。では具体的にはどういった環境要因で身長は決まっていくのでしょうか。

そもそも身長を伸ばすには何が必要?




そもそも身長はどのように伸びるのでしょうか。実は身長を伸ばすには、骨の成長が不可欠です。骨が伸びることで、身長が伸びていくのです。
もっと正確に言うと、骨と骨の間に、「骨端線(こつたんせん)」という軟骨があって、これが成長することで身長が伸びていくわけですね。
大人になるとこの「骨端線(こつたんせん)」という軟骨が固く固まるため、身長が伸びなくなってしまいます。
では骨を伸ばすには何が必要なのでしょうか。

それには成長ホルモンの分泌が不可欠です。成長ホルモンが分泌されることで骨が成長していき、身長が伸びていくのです。その成長ホルモンの中でも、直接骨端線に働きかけるのは、「ソマトメジンC」と呼ばれるホルモンです。ソマトメジンCは、成長ホルモンを吸収しながら、肝臓で生成されます。そのため、成長ホルモンが十分にあったとしても、栄養不足や肝臓の機能に異常があった場合、身長は伸びないのです。つまり健康であることも身長が伸びるための必要な要素であるということです。

では、これから生活習慣と身長の関係性について見ていきたいと思います。

生活習慣の中で大事なのは睡眠、運動、食事の3つ!




寝る子は育つ?睡眠と身長の関係性




「寝る子は育つ」という言葉があるように、身長を伸ばすには睡眠が大切、とよく言われていますが、実際科学的根拠はあるのでしょうか。
睡眠に関しては、睡眠によって成長ホルモンが分泌されるというデータがあります。つまり睡眠は身長を伸ばすのに大事というわけです。ただし長い時間寝てればいい、というわけではありません。成長ホルモンが分泌されるのは、寝付いてから最も深い眠りに達するまでの2時間~3時間だけと考えられています。
つまり、この寝付いてから2~3時間は、深く熟睡していることが重要なんです。そのためにも、深く熟睡出来るような質の良い睡眠を取ることが大切なのです。

質の良い睡眠のためには3つのポイントがあり、寝る直前に食事を取らない、寝る時は電気を消す、寝る前にテレビやスマホは控える、の3つです。
寝る直前に食事をしてしまうと、エネルギーが食べたものの消化に使われてしまうため、熟睡が妨げられてしまいます。
また電気をつけたまま寝ると熟睡できず、成長ホルモンの分泌が妨げられる上に、ストレスの原因にもなるので、睡眠時は部屋の電気を消すようにしましょう。
テレビやスマホを寝る前にやることに関しても、テレビやスマホの使用によって脳が覚醒状態になってしまうため、オススメできません。

アスリートは背が高い?運動と身長の関係性




テレビを見ればわかりますが、アスリートというのは背が高いです。特にバスケットやバレーボールをしている人は背が高いというのが世間一般の考えだと思います。そして実際に運動は身長を伸ばす際に大事になっていきます。

運動中と運動後3時間くらいの間は、成長ホルモンが分泌されることが科学的に証明されています。特に骨に縦方向の刺激を与える運動が大事で、ジャンプやマラソンなどがそれにあたります。ジャンプを多くするバスケットボールやバレーボール経験者に背が高いのもうなずけますね。また全身運動によって体幹と呼ばれる背骨や肩甲骨、骨盤などの部分の筋肉が鍛えられます。体幹の筋肉は良い姿勢を維持する筋力でもあるので、運動は姿勢を良くして身長を高くするという意味でも身長を伸ばすのに重要です。

大事な栄養素は何?一番大事なのはカルシウムじゃない?!食事と身長の関係性




食事と身長に関しても実際に大きな関係があることが科学的に証明されています。ただとりあえずたくさん食べればいい、というわけではなく、色々な栄養をバランスよくとることが大事です。特に身長を伸ばすために重要な成分は、カルシウム、たんぱく質、アルニギン、マグネシウム、亜鉛などがあります。

【カルシウム】
カルシウムは乳製品や海産物に含まれています。身長を伸ばすならカルシウムと昔からよく言われていますが、実はカルシウムだけでは効果は薄いです。カルシウムの効用は骨を強くすることなので、カルシウムだけでなく他の栄養素が伴ってこそ身長を伸ばすことができます。またビタミンDなどを併用して取らないと、カルシウムは吸収が上手くいかず体の外に逃げてしまうそうです。
では身長を伸ばすのに一番重要な栄養素はなんでしょうか。

実は一番大事な栄養素はたんぱく質だった!




実は一番大事な栄養素はたんぱく質です。たんぱく質には筋肉や骨といった体全体の組織を作る働きがあるだけでなく、成長ホルモンの分泌を促す効果もあります。また、身長を伸ばす以外にも健康な肌を保つ、免疫力を上げるなど様々な効用があるため、是非しっかりとりましょう。
たんぱく質が多く含まれる食材は、肉、魚、大豆、乳製品などです。ただ肉に関しては高カロリーということもあり思春期の中学生にとっては敬遠してしまう食材かもしれません。そういう面も考えると、肉なら高たんぱく低カロリーの鳥の胸肉がオススメといえるでしょう。

ほかの大事な栄養素は?




【アルギニン】

知っている人はあまり多くないですが、アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進するという点で身長を伸ばすのに大きな影響力があります。また疲労回復の効果もあることから、栄養素としてはかなり重要なものとなっております。
アルギニンを多く含む食材は魚介類、肉類、大豆類などで、たんぱく質と似ている部分が多いです。

【マグネシウム】
マグネシウムはカルシウムの働きをサポートする点で、身長を伸ばすことに貢献してくれます。カルシウム単体では上手く骨に働きかけることができず、骨から漏れてしまいますが、マグネシウムが働くことで骨をより強固にしてくれます。
マグネシウムが含まれる食材は海藻類、ナッツ類、豆類、魚介類などです。

【亜鉛】



亜鉛はたんぱく質の合成を助ける効能を持っています。亜鉛が不足するとたんぱく質の合成が上手くいかず、結果として成長ホルモンの分泌が少なくなってしまうので重要な栄養素になっています。
亜鉛を含む食材は牡蠣、レバー、牛肉、チーズなどが挙げられますが、亜鉛には一緒にとると亜鉛の吸収を妨げてしまう栄養素があります。それは食物繊維、鉄、銅、フィチン酸です。フィチン酸は穀物類に含まれる栄養素なのでこれらの栄養素を全くとらないというのは難しいと思いますが、意識することである程度は抑えられるかと思います。

以上が生活習慣の面で環境が身長に与える影響です。次に身長を伸ばす方法としてよく言われている噂について検証していきたいと思います。

その他の身長を伸ばす方法について


ぶら下がり器具や手足を引っ張る機械は無駄?




意図的に身長を伸ばす方法として、ストレッチやぶら下がり器具にぶら下がって体を伸ばす、機械で無理やり手足を引っ張るなどがあると思います。
はっきり答えますと、そういったものに持続的な効果はありません。色々なサイトを見ればわかりますが、科学的根拠は全くなく、どのサイトでも効果は否定されています。体を引っ張ることで骨盤が矯正され、姿勢がよくなったことで身長が伸びることはあるでしょうが、体を伸ばして得られる効果はあっても一時的でしょう。

牛乳を飲めば身長は伸びる?




身長を伸ばす、といえば真っ先に皆さんが思い浮かべるのが牛乳ですよね。牛乳に関しては昔から言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

結論をいえば、イエスです。牛乳には身長を伸ばすのに必要な栄養素であるカルシウム、たんぱく質、マグネシウムなどが幅広く含まれています。ただし牛乳飲んでおけば大丈夫、というわけではありません。牛乳に含まれる栄養素はカルシウムに偏っていて、他の栄養素に関しては牛乳だけでとるのは不可能といっていいでしょう。なので牛乳だけでなく食事面でも幅広い栄養素をとるようにしましょう。

マシュマロを食べると身長が伸びる?




少しマイナーかもしれませんが、マシュマロを食べると身長が伸びるという噂もあったりします。「正直嘘くさい…」と思われる人も多いでしょうが、実際のところどうなのでしょうか。

実は全く関係ないわけではありません。マシュマロに含まれるゼラチンは、体の中でコラーゲンとして吸収されます。そしてコラーゲンは骨の形成を助けてくれるので、マシュマロが身長を伸ばすという話はあながち間違いではないのかもしれません。
ただしあくまで否定できない、というだけで効果は小さいですし、マシュマロの食べ過ぎは肥満の原因にもなるので、身長を伸ばすためにマシュマロをたくさん食べる、というのはオススメできません。

栄養素は食事だけで足りる?サプリメントという選択肢




2章の後半で、特定の栄養素が身長を伸ばすのに貢献する、ということがわかりました。ただそこでこう疑問に思う人も多くいたでしょう。「食事だけで十分な栄養素がとれるのかな?サプリメントとかとった方がいいのかな?」と。

結論から言うと、成長期に食事だけで十分な栄養をとるのは簡単ではないそうです。例えば成長ホルモンの分泌に必要なアルギニンの場合、1日に必要な量は「体重✕100mg」と言われています。体重50kgの人の場合は約5,000mg必要です。
これらを食事で補おうとすると、豚肉であれば400g以上、納豆であれば10パック以上食べる必要があります。とてもじゃないですけど、現実的ではないですね。

こういった理由から、最近サプリメントが流行しています。サプリメントであれば簡単にアルギニンなどの栄養素を摂取することができますし、食事も自由にできます。最近のサプリメントは子供でも飲みやすいように味などが工夫されている上、初回お試し価格であったり、返金保証といったサービスがあるので、手軽にチャレンジすることができます。

ただ、サプリメントをとる際に「実際に効果はあるのか、副作用とか体に害はないのか」といったことが気になると思うので、そのことについて検証してみましょう。

サプリだけじゃ無理!サプリメントの効果は?




サプリメントの効果に関しては諸説ありますが、一言で言うと「効果はあるがあくまでサポート程度」です。サプリメントは身長を伸ばすのに必要な栄養素が入っているので、効果がないということはないです。ただサプリメントは成長期に身長を伸ばすのに必要な栄養素を補うだけですので、骨端線が硬くなり身長がもう伸びなくなってしまった状態でサプリメントを服用したところで効果はないと言えるでしょう。またサプリメントによる摂取と食事による摂取では栄養素の吸収に違いがあり、食事に比べるとサプリメントでの摂取は効率が悪いそうです。食事だけでは十分な栄養素をとれない例としてアルギニンをあげましたが、アルギニンが分泌する成長ホルモンはあまり多くなく、身長への影響は大きくないそうですし、他の栄養素に関しては意識すれば食事だけである程度補えるそうです。

これらのことを考えると、サプリメントはサプリメントを摂取すればそれでいいというわけではなく、サプリメントで栄養素をしっかり補った上で睡眠や運動などの生活習慣を良くしていくことで、身長の伸びが実感できるようになるのではないでしょうか。

とはいえサプリメントにもメリットはあります。それは普段の食事にそこまで気をつけなくていい、ということです。サプリメントはだいたい他にも健康に重要な栄養素を含んでいることが多いので、普段の食事にそこまで意識しなくても、サプリメントのおかげで栄養が偏ることはなくなります。

飲み過ぎに注意!サプリメントの副作用とは




身長を伸ばすサプリメントに関して、補助的ながらも一定のメリットがあることがわかりました。ではサプリメントに副作用などのデメリットはあるのでしょうか。

結論から言うと、「正しい物を、正しく摂取すれば大丈夫」です。サプリメントは医療用の薬とは違いあくまで「栄養素を補う」物ですので、効果がそこまで強くない反面副作用もありません。
そのため、サプリメントのデメリットとしてあげられるのは栄養素の過剰な摂取による身体的影響です。たとえば、カルシウムを1日4000mg以上摂取し続けると、便秘や肝機能障害を引き起こすことがあります。またアルギニンも1日5g以上摂取すると消化器官にダメージが発生し、腹痛や下痢を起こす可能性が生まれます。

ただ、正常なサプリメントを正しい用法で摂取すればこのような栄養素の過剰摂取は心配ありません。日本のサプリメントは規定が厳しく安全性が重要視されているので、サプリメントを普通に摂取していて何か問題が発生した、ということは基本的にはありません。

サプリメントの際に気をつけるべきポイントとは?




ではサプリメントを使用する際に注意すべきポイントとは何があるのでしょうか。

【外国産は規制が緩いため、危険】
一つ目は外国産のサプリメントは使わない、ということです。外国は規制が緩く、必要以上に栄養素が入ってしまっていることが多いです。特に外国産の成人向けサプリメントは子供にとっては栄養過多に陥りやすく、体への悪影響が起きる可能性が高いので絶対に避けましょう。

【飲み過ぎに注意】
上でも言いましたが飲み過ぎはNGです。サプリメントは即効性が低いので、たとえ効果が出なくても飲み過ぎたりすることはやめましょう。

【食物アレルギーに注意】
サプリメントのなかには大豆や卵などの食物からエキスを取り出し、原材料として使用していることが少なくありません。そのため食物アレルギーが少しでも懸念される場合は、購入する前に原材料を確認しましょう。

【一つの栄養素に特化しているサプリメントは食事とのバランスを】
一つの栄養素に特化しているサプリメントも注意が必要です。上の方でも述べましたとおり、身長を伸ばすには様々な栄養素が必要です。なので「他の栄養素は食事で完全に補える!」という人以外は様々な栄養素が含まれているサプリメントを選択した方がいいでしょう。

まとめ




いかがでしたでしょうか。身長は遺伝だけで決まるわけではない、ということがわかっていただけたと思います。ちなみに中学生の平均身長は年々増加傾向にあったようですが、最近は生活習慣の乱れなどから少し減少することもあるようです。もしこの記事を見て「もっと身長を伸ばしたい!」と思った方は、是非この記事にある身長を伸ばす方法にチャレンジしてみてください!

中学生におすすめのサプリメントランキング


中学生の男の子におすすめの背が伸びるサプリメントランキング

中学生の女の子におすすめの背が伸びるサプリメントランキング

参考サイト


中学生の平均身長について
https://www.suku-noppo.jp/data/average_height.html
http://jibunsagashi.shiraberun.com/heikin/shinchoken.html
http://japan-research.net/column059/

身長が人によって違うことにかんして
http://sewoobasuhouhou.com/sintyouiden.html
http://www.logophilia.com/height/growtaller/
http://shinchomanual.com/kiso/kiso_shintyousa.html

生活習慣が身長に与える影響
http://shinchou.jp/protein
http://sorememo.com/post-1253/

その他の身長をのばす方法
http://the-plusone.com/calcium-gyunyu-sincho-185
http://the-plusone.com/calcium-gyunyu-sincho-185