運動の前後にサプリメントを飲もう!

サプリメントは身長を伸ばすための栄養を補うためにとても大切です。

ですが、体の状態によっては、栄養がしっかりと吸収されずに無駄になってしまう場合もあります。

そこで、サプリメントの栄養がしっかりと吸収されて、身長を伸ばすための効果をより発揮させるために、おすすめの方法があります。

それが「運動の前後にサプリメントを飲む」という方法です。

どうして運動の前後に身長を伸ばすためのサプリメントを飲むのがいいのか?その理由を詳しく解説していきます。

運動の前にはサプリメントで栄養を補充


運動の前には、サプリメントで栄養を補充しておくのが、効率的に身長を伸ばすためにもおすすめです。

というのも、運動の刺激によって、骨細胞が刺激を受けて、骨芽細胞と呼ばれる骨を作る細胞と骨を破壊する細胞である破骨細胞が働き始めます。

ですが、朝ご飯を抜いていたり、食事のバランスが崩れていて、骨を伸ばすために必要な栄養が不足していると、骨を作る細胞たちに、うまく命令が伝達されず、骨をつくることができなくなってしまいます。

人の細胞は、脳から命令を受けてはじめて、それぞれの役割、仕事をすることができます。

ですが、栄養が不足していると、脳がうまく働くことができないので、せっかく運動しても、身長を伸ばすための細胞がうまく働くことができなくなってしまいます。

もちろん、栄養が足りなくなっている状態では、運動のパフォーマンスも低下して、筋肉がうまく動かせずに、骨への刺激も少なくなってしまうということも考えられます。

したがって、運動をするまえには、しっかりと栄養を補給しておくことが、骨への刺激の面でも骨を作る細胞の働きの面でも、大切ということです。

ところが、朝食を食べないという子供が近年、増えており、栄養が不足した状態で、体育の授業を受けてしまっています。

お母さんも食べさせるように頑張ってはいるものの、朝はどうしてもたくさん食べるのが難しいという子供もいるのは仕方がないです。

ですが、そういう朝ご飯が食べられない子供でもサプリメントなら飲むだけだったり、スムージータイプのジュース感覚で摂取できるもの、おやつのようなタイプとさまざまなタイプがあるので、朝ご飯よりも気軽に食べることができます。

もちろん、基本は朝食を食べることが大切ですが、どうしても朝ご飯を食べるのが遅くて十分な量を食べられない、朝が苦手という子供はサプリメントを活用することで、学校での体育の授業に万全の栄養状態で臨むことができ、身長を伸ばす効果を発揮させることができます。

子供のうちは学校での運動がメインとなります。そのためにも運動したときに、運動の面でも、身長を伸ばす細胞が最高の働きをするためにも、サプリメントで運動の前、得に朝ご飯のときにしっかりと補ってあげましょう。

運動したあと、体はどんな状態になっている?


では、栄養をしっかりと補給して、運動をしたあと、体はどんな状態になっているのでしょうか?

運動後の体は、筋線維が傷ついて、修復するように体が働きます。
翌日、筋肉痛で体が痛いのは、筋線維が傷つくことで、痛みがでているためです。

そして徐々に筋線維が修復されることで、痛みがなくなっていきます。

さらに、適度な運動を繰り返すことで、弱い筋線維は傷つき、太い新しい筋線維が構成されます。

筋肉は体を動かすために欠かせない組織ですので、筋組織を回復するために、栄養から筋肉の構成に欠かせないタンパク質がたくさん必要になってきます。

ここで問題となってくるのが、「たんぱく質」の量です。

筋肉が傷ついているので、筋肉を回復させるために食事から摂取した栄養のうちのたんぱく質がたくさん体内で消費されます。

したがって、栄養のバランスが偏っていて、たんぱく質が不足していると、先に筋肉の修復のためにたんぱく質が消費され、せっかく骨への刺激が加わって、身長が伸びようとしているのに、肝心の、骨の土台であるたんぱく質が足りないという事態がおきてしまいます。

これではせっかく運動を頑張ったのが台無しです。

このように運動をした後は、筋肉が疲労し、たんぱく質が大量に消費されるという状態がおきています。

ここで身長を伸ばすためには

・筋肉の疲労回復を早める
・タンパク質をしっかりと摂取する


ことがポイントとなってきます。
では筋肉の疲労回復を早めるためには、どうすればいいのでしょうか?

筋肉の疲労回復を早めることで、身長が伸びやすくなる


筋肉の疲労回復を早めることで、筋肉の修復期間が短縮され、タンパク質の無駄な消費を予防することができます。

筋肉の疲労回復を早めるには、まず疲労物質が体内に長く蓄積しないように、血流をアップさせることが大切です。
血流をアップさせることで、筋肉の修復に必要なタンパク質も届けられやすくなります。

血流をアップさせる方法としては、運動後の軽いストレッチがおすすめです。
軽いストレッチを行うことで、急激な血流低下を予防することができます。

さらに運動後にしっかりとお風呂につかって、体を温めることも血流がアップし、筋肉の疲労回復を早めてくれます。

こういった身体の機能の面からアプローチすることで、筋肉の疲労が早く回復し、身長が早く伸びやすい環境が整います。

ではさらに筋肉の疲労を早く回復させて、身長を伸ばすためにはどういった栄養が必要になってくるのでしょうか?

運動のあともサプリメントで栄養補給


運動の後は、筋線維がダメージを受けているので、筋肉の材料となるタンパク質を摂取することが欠かせません。

ですが、日本人はタンパク質の摂取量が足りていないので、運動をすると余計にタンパク質が足りなくなってしまいます。

これではせっかく身長を伸ばそうと思っても、伸ばすことが難しくなってしまいます。

食事で良質なタンパク質、鶏肉やプロテインを摂取するように心掛けるのも大切ですが、これらはあくまでも筋肉を鍛えるのに必要な栄養ですので、しっかりと身長を伸ばすための栄養がバランスよく配合されているサプリメントを飲むようにしましょう。

さらに、普段から部活や地域のチームで運動をしっかりとやっているという子供の場合は、身長を伸ばすサプリメントの中でもBCAAという必須アミノ酸の、バリン、ロイシン、イソロイシンが配合されているものを選ぶようにしましょう。

この必須アミノ酸であるBCAAをしっかりと運動後に補うことで、疲労回復が早まり、身長が伸びやすい環境が整います。

もちろん、筋肉の疲労回復を早めるために、できれば運動前の30分に飲むことがすすめられているので、直前はもちろん、運動中にも飲むことがおすすめです。

運動の効果をより高めるためにサプリメントは欠かせない!


運動の効果を高めて、しっかりと身長を伸ばすためには、このように運動前はもちろん、できれば運動中、そして運動後の栄養補給が欠かせません。

ですが、運動の前後に食事をするのは運動のパフォーマンスが低下してしまいますし、運動後、しかも30分以内に食事をするのはあまり現実的ではありません。

そこで、サプリメントを活用することで、効果的に身長を伸ばすことができます。

しかも、運動せずにサプリメントを飲むよりも、吸収効率がアップしますので、より身長を伸ばす効果を期待できます。

身長が小さくて困る、というのはやはり運動クラブのレギュラーになるときに大きく関係するからという子供が多いです。

ですから、より一生懸命やっているスポーツをより頑張ってもらうためにも、しっかりと運動の前後にサプリメントを飲んで、身長を伸ばす効果を発揮させましょう。