運動、睡眠、ストレッチだけではダメ!身長を伸ばすにはサプリメントも大切!

身長を伸ばす方法として、運動やよく寝ることなどを紹介しているサイトがたくさんあります。

ですが、運動だけしても、よく寝ていたとしても、毎日欠かさずストレッチだけしたとしても身長が伸びるとは限りません。

身長を伸ばすには栄養、サプリメントもとても重要な役割を果たしているからです。

どうして運動、睡眠だけでなく、栄養も、そしてサプリメントを活用した方がいいのか、詳しく解説していきます。

運動は身長を伸ばすのには欠かせない


運動は身長を伸ばすには欠かせない要素の1つです。

しかし、一生懸命練習していているのに、バスケットボール部には大きい子もいれば、小さい子もいます。

これが運動だけやっていても身長が伸ばせないという、証明にもなっています。

運動をしっかりとしているのに、どうして身長が伸びないのでしょうか?

一概にこうだとはもちろん、はっきりといえるわけではありませんが、以下のようなことが運動をしているのに伸びない原因として考えられています。

運動のやりすぎは身長が伸びない


まず一番やりがちなのが、運動のやりすぎです。
特に小学生のうちに運動をやりすぎてしまうと、筋肉が発達しすぎて、骨に刺激よりも、筋力による負担の方がかかってしまうからです。
そのため身長が伸びるのが難しくなってしまいます。

小学生のときは身長はそこまで小さい方ではなく、運動もできてクラスの中心だったのに、中学生、高校生と成長するにつれて、身長がいまいち伸びない、身長が小さいせいで、運動も普通になってきてしまったというのは、小さいときの運動のやりすぎの可能性があります。

ですので、水泳でも陸上でも、体操でも、小学生のときには大人のようなトレーニングができたとしてもやらないのは一般的になってきています。

運動のやりすぎは、体にとって負担が、特に成長期には大きいですから、注意が必要です。

運動をしても栄養が足りないと身長が伸びない


適度な運動を毎日していても、残念ながら身長が伸びないこともよくあります。

これは、運動は骨を伸ばすためのきっかけであって、材料ではないからです。

骨の土台であるコラーゲンを作って、そこにカルシウムが沈着して骨が伸びます。

さらに詳しく説明すると、そのコラーゲンを作る細胞に命令をだすのが成長ホルモンであり、成長ホルモンがしっかりと分泌されないと、身長は伸びません。

運動は成長ホルモンが活性化するきっかけになりますが、そもそも成長ホルモンの材料が足りていないと、きっかけがあっても、身長が伸びません。

また骨の材料がなくても伸びません。

ですので、栄養があっての運動だといえます。

このように運動だけしていても、栄養という基礎がなければ身長を伸ばすのはとても難しいのです。

しっかりと寝たつもりでも身長は伸びない


睡眠が身長を伸ばすのにはとても重要な要素であることもよく知られていますが、しっかりと寝ているつもりなのに、身長が伸びないという子供もいます。

どうしてしっかりと寝たつもりなのに、身長が伸びないのでしょうか?

睡眠の質も身長を伸ばすのには大切


睡眠時間ばかりが身長を伸ばすためには注目されてしまいがちですが、睡眠時間がただ長ければいいというわけではありません。

睡眠の質が身長を伸ばすには大切です。

睡眠時間がいくら確保されていても、浅い眠りでは、脳がしっかりと休むことができないので、成長ホルモンが分泌されにくくなります。

極端にいえば、浅い睡眠を長時間とるよりも、深い睡眠をしっかりと短時間でもとる方が、身長を伸ばすには効率的ということです。

それはなかなか現実的には難しいので、睡眠時間が長くなれば、その分、深い睡眠をとれる時間も増えてくれます。

ですが一番いいのは深い睡眠を長い時間とることが身長を伸ばすには理想的です。

睡眠の質を伸ばすには、睡眠ホルモンがしっかりと分泌されることが大切です。

そして睡眠ホルモンの材料である栄養をしっかりと摂取することが睡眠の質を向上させるためにも大切です。

栄養が足りないと睡眠中の成長ホルモンの分泌量は減ってしまう


栄養が足りないと、睡眠中の成長ホルモンの分泌が減ってしまいます。

睡眠の質には栄養のバランスが深く関係しています。

睡眠の質をあげるためには、しっかりと睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌されることが大切です。

そしてメラトニンがしっかりと分泌されることで、深い睡眠を得ることができ、成長ホルモンが分泌されます。

しかし、栄養が不足してしまうと、睡眠ホルモンが正常に分泌されないので、寝つきも悪くなり、睡眠も浅くなってしまいます。

さらに成長ホルモンの材料となる栄養が足りていないと、成長ホルモンの量が減少してしまいます。

ですので、栄養をしっかりと摂取して、睡眠ホルモンも成長ホルモンも常に正常に分泌されることが大切です。

ストレッチだけしても身長は伸びない


ストレッチを欠かさず毎日することも身長を伸ばすにはとても大切です。

でもストレッチだけしても身長は伸びません。

ストレッチは身長を伸ばすには必要だけどそれだけではダメ


ストレスは運動不足を解消するためにも、また筋肉の疲労回復のためにもおすすめとされています。

適度な刺激が筋肉にかかるので、身長がのびるきっかけにはとてもおすすめの運動といえます。

ですが、ただストレッチだけしていれば身長が伸びるかというとそういうものでもないのです。

ストレッチだけしても、体の負担になることはほとんどないですが。
骨に刺激を与えても、骨を作る材料がくては、身長は伸びないのです。

栄養があってこそのストレッチ


栄養が万全に整ってこそ、毎日のストレッチが身長を伸ばす効果を発揮します。

特に筋肉の疲労回復を早く回復するために、タンパク質を意識して摂取することがストレッチによる身長を伸ばす効果をアップしてくれます。

タンパク質は筋肉の材料になるだけでなく、骨の土台にもなる栄養素です。
タンパク質は不足している子供も多いので、ストレッチによる身長を伸ばす効果を最大限に発揮させるためにもおすすめです。

逆にたくさん運動をした日の寝る前にストレッチだけしても、筋肉の疲労はある程度軽減できますが、傷ついた筋肉を早く回復させるたんぱく質がなければ、筋肉がなかなか回復せず、骨の成長もその分、遅れてしまいます。

栄養があってこそのストレッチなのです。

栄養ってそんなに大事?


朝ご飯は食べないこともあるけれど、お昼ご飯は食べているし、夕ご飯もしっかりと食べているから、栄養は足りていると思っていませんか?

確かにカロリーは足りているかもしれませんが、ビタミンやたんぱく質、食物繊維など、全てバランスよくとれているか?と聞かれると自信がないご家庭の方が多いと思います。

では栄養のバランスが悪いままの食事を続けてしまうとどうなってしまうのでしょうか?

栄養が足りないとどうなる?


栄養が偏って、足りないと体にはどういった変化がおきるのでしょうか?

1つは、栄養が偏ってしまうことで、身長を伸ばす栄養素も一緒に体外に排泄されてしまう可能性があります。

代表的なものにカルシウムがあります。

カルシウムはリンと体内のイオンバランスを一定で保っています。
しかし、スナック菓子や冷凍食品には多量のリンが含まれています。

そのため、間食でついついスナック菓子などを食べていたり、毎日、冷凍食品の食事をしていると、リンが体内に蓄積してしまうので、カルシウムがバランスをとって体外に排泄されてしまいす。

せっかく身長を伸ばそうとして、カルシウムを摂取しても、偏った栄養のせいで、体外へ排泄されてしまうのは非常にもったいないです。

2つめは、イライラしやすくなる、怒りっぽくなるなど、精神面への影響が懸念されます。

イライラを引き起こすストレスホルモンは、栄養の中でも過剰に摂取しやすい脂質が材料になります。

材料の脂質が増えることで、ストレスホルモンが作られやすい環境になってしまいます。

その結果、イライラしてしまい、寝不足につながったり、集中力の低下といった症状がみられるようになります。

ストレスは身長の伸びを邪魔する原因になります。

ストレスによって不眠が続いてしまえば、睡眠中の成長ホルモンの分泌が減ってしまい身長が伸びにくくなってしまいます。

現代人はとくに油っぽいものを過剰に食べ過ぎているので、油っぽい食事を控えることは、身長を伸ばすためにも大切なのです。

そして栄養が偏ると、身長が伸びないばかりか、病気がケガをしやすくなります。

栄養が不足して骨の材料が足りないと、骨密度の低下を引き起こし、骨折しやすくなってしまいます。
ささいなケガでも重症になってしまうかもしれません。

また、栄養のバランスがとれている食事は、免疫力を高めます。

ビタミンは細胞がエネルギーを作るときには欠かせない栄養です。

さらにバランスのとれた栄養は腸内環境を改善して、腸内フローラを正常にして、免疫力をアップさせ、風邪をひきにくくしてくれます。

栄養が偏ってしまえば、悪玉菌が腸内で繁殖して、腸内でしっかりと栄養が吸収できなくなるばかりでなく、有害物質を作り出して、代謝の低下といった作用も引き起こしてしまいます。

こういった様々な面で考えると、栄養の偏りは身長が伸びないだけでなく病気やケガのリスクも上昇させてしまうことがわかります。

毎日の食事は本当に完璧?


栄養の偏りは身長を伸ばす面でも健康面でもよくないことはわかりましたが、毎日の食事が本当に完璧なのでしょうか?

野菜を1日の推奨量を食べていたとしても、季節によってその栄養価には偏りがあります。

そして加工食品には少なからず食品添加物も配合されています。

それをすべて考慮して完璧な栄養バランスのとれた食事を作るのはとても難しいです。

さらに、子供に好き嫌いがあれば、せっかくバランスのとれた完璧な食事を作っても全部食べないので、結局、栄養が偏ってしまいます。

このように実は栄養をバランスよく摂取するというのは、とても簡単そうで、本当は非常に難しいことなのです。

サプリメントを飲んで運動、睡眠の効率アップ!


栄養のバランスをとった食事を欠かさず作って、全て完食するのはお母さんも、子供もとても大変です。

そこで、活用すべきなのがサプリメントなのです。

サプリメントを摂取することで、運動と睡眠の効率がぐっとアップします。

サプリメントで運動の効率がアップ


運動の30分前にサプリメントを飲むと運動による身長アップ効果を最大限に引き出すことができます。

運動中にエネルギーが消費され、骨や筋肉に負荷がかかります。

サプリメントを事前に飲んでおくことで、負荷が軽減され、サプリメントで摂取した栄養素がその場でエネルギーに変換、吸収されていくので、運動の30分前にサプリメントを飲むのは非常におすすめです。

さらに運動後の2時間以内に身長を伸ばすサプリメントを飲むことも傷ついた組織の回復を早めて、身長を伸ばしやすくすることが期待できます。

ですから、運動の前後にしっかりとサプリメントを服用して、身長を伸ばす効率をアップさせましょう。

睡眠にもサプリメントが大切


睡眠の質を高めてくれる栄養素が配合されている身長を伸ばすサプリメントもあります。

栄養のバランスが身長を伸ばすサプリメントで補うことで、ストレスホルモンが過剰に作られにくくなったり、しっかりと寝るための睡眠ホルモンが作られやすくなります。

しっかりと寝付くことが栄養をサプリメントで補うことで、可能になります。

特についつい夜更かしをしてしまうお子さんにはそういった睡眠の質を高める効果も期待できるサプリメントがいいでしょう。

さらに身長を伸ばすサプリメントの中でもアルギニンが配合されているサプリメントは睡眠中の成長ホルモンの分泌量を増やすことが期待できるので、今日の疲れを明日に持ち越さないよう、毎日の疲労を寝て回復させることにもつながります。

塾や部活で疲れていると、次の日にも、脳や体の疲労が持ち越されてしまって、勉強面でも運動面でも素晴らしいパフォーマンスを発揮できなってしまいます。

毎日、万全な体調を維持していくのにも、身長を伸ばすサプリメントはおすすめです。

ぜひ運動、睡眠、ストレッチの効果を発揮させるためにも身長を伸ばすサプリメントをしっかりと服用して子供の栄養面を万全にしてあげてくださいね。