身長を伸ばすにはサプリメントだけではダメな理由

よく身長を伸ばすサプリメントの口コミで、全然効果がなかったというものよく目にします。
ではどうして身長が伸びなかったのでしょうか?

それは身長を伸ばすにはサプリメントだけ摂取しても意味がないからです。

なぜ、身長を伸ばすにはサプリメントだけではダメなのか?その理由を詳しく解説していきます。

身長を伸ばすにはさまざまな要因が関係している


なぜ身長を伸ばすにはサプリメントだけではいけないのか、それは「身長を伸ばすにはさまざまな要因が関係している」からです。

例えば、まず、寝る子は育つと昔からよく言うように、寝不足の子供は身長が小さい傾向にあります。

これは子供のときは毎日の刺激が常に新しいことの連続で、脳にはさまざまな刺激が加わっています。
夜寝るときに、脳を休め、まずは優先的に情報処理が行われ、そして体の休息と成長へとエネルギーが消費されます。

推奨される子供の睡眠時間を大幅に下回ってしまうと、体の成長にまでエネルギーが回らないために、身長が伸びにくくなってしまいます。

また運動不足もしくは過剰によっても、身長が小さくなってしまう傾向があります。
運動が極端に少ない子供というのは筋力が衰えてしまうので、骨への刺激が小さくなり、骨細胞の活性化が不十分で、骨の形成が十分でなくなってしまいます。

逆に運動しすぎでは筋力が大幅にアップしてしまって、骨へ過度な刺激が加わるために、骨添加が行われても、伸びにくくなってしまうのです。

そして栄養もまた身長が伸びるかどうかに大きく影響します。

ご飯はしっかりと食べていても実は身長を伸ばすために必要な栄養が不足しているために、アンバランスになっていて、実は部分的に栄養失調を起こしてしまっている栄養素もあります。

特に最近はおいしいお菓子がたくさん販売されているので、偏食気味の子供も増加しています。

骨が形成されることで、身長は伸びますから、骨細胞を活性化させる栄養素、骨の基盤になる栄養素、そして骨の材料になる栄養素、それぞれの絶対的な摂取量が少なくては、身長は伸びるはずはないということです。

他にも、やはり遺伝的な影響も身長には関係はありますし、全国の身長ランキングをみてみると、暖かい地域の方は身長が小さい傾向があります。

これは外気温が熱いことで、なるべく体の表面積を小さくする、つまり身長を小さくすることで、熱をため込まないような工夫がされているからだと言われています。

このように身長が伸びるにはさまざまな因子が複雑に関係しているのです。

栄養だ、運動だ、睡眠だと極端に1つに固執してしまっていては、身長を伸ばすことはとて難しいのです。

しかも自分の努力ではなかなか難しい要因も身長を伸ばすために関係しています。

ただし、身長を伸ばすためには、自分の努力によって改善できることもあるのも事実です。

そして、その自分の努力で改善できる、身長を伸ばすために大切なことが「睡眠、運動、栄養」の3大原則なのです。

身長を伸ばすには睡眠、運動、栄養の3原則が重要


身長を伸ばすためには、さまざまな要因が深く、そして複雑に関係していますが、その中でも自分で気をつけて改善することで、身長が伸びやすくなるものも当然あります。

それが、睡眠、運動、そして栄養の3大原則です。

睡眠は、夜寝ているときに、成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは身長が伸びるためには不可欠なホルモンです。

また大人では、疲労の回復にも成長ホルモンが欠かせません。
夜、寝ることによって、1日活動したことによって起きる疲労を回復させ、次の日も元気に活動することができます。

子供は大人よりも長い睡眠時間が推奨されるのは、1日の疲労回復に加えて、背や臓器を成長させる必要があるからです。
大人と同じだけの睡眠時間では、疲労回復しかできず、成長にまで対応できません。

ですから、睡眠時間が少なければ少ないほど、身長を伸ばすための必要な成長ホルモンの分泌量が低下してしまう恐れがあります。

ですので、身長をしっかりと伸ばすためには、この睡眠が大きなカギを握っています。

では睡眠時間だけ確保していればいいかというと、それも違います。

運動も骨細胞に刺激を与えることで、骨細胞の増殖を促進させる、身長を伸ばすには非常に重要な役割を担っています。

骨を動かして、刺激を与えるには、骨に直接くっついている筋肉を動かす他ありません。
筋肉は運動しないと、体の中で一番最初に萎縮してしまいます。
筋肉が萎縮してしまえば、骨への刺激も低下して、身長が伸びにくくなってしまいます。

ただし、身長を伸ばすために、忘れてはいけないのは、過度に筋肉を鍛えすぎてはいけないという点です。
筋肉が発達しすぎてしまうと、骨への刺激が強すぎて、かえって骨細胞が傷ついてしまったり、筋肉が過度に収縮してしまうことによって、骨が伸ばされずに、筋肉によって伸びにくくなってしまう恐れがあります。

ですので、適度な運動が身長を伸ばすにはポイントになります。

そして最後に、自分で身長を伸ばすために改善できるもの、それが栄養です。

栄養は生きる力の源であり、身長が伸びる、骨細胞が増えるには、材料である栄養がかかせません。

もちろん、栄養は骨の材料だけではなく、骨細胞が代謝をするためのエネルギーにもなるものもあれば、骨の土台になる栄養素、筋肉を動かすための栄養素など、身長をおバスためのエネルギーとしても大切なのです。

栄養が不足していては、どんなに睡眠時間を確保しても、どれだけ適切な運動習慣を身につけても、そもそも骨の材料がないのですから、身長は伸びないのです。

ですが、ここで注意していただきたいのが、この睡眠、運動、栄養、どれが一番大切なのか、ということはない、ということです。

この3大原則のどれが欠けてしまっても、身長が伸びにくくなってしまいます。

睡眠、運動、栄養、それぞれが骨の成長には欠かせない存在であり、睡眠、運動、栄養が相互に影響しあって、はじめて、しっかりと身長を伸ばすことができるのです。

サプリメントは、この栄養面のみでしか、身長を伸ばすための3原則をサポートできません。

ですので、身長を伸ばすためには、睡眠、運動、栄養それぞれに固執してこだわるのではなく、すべてに気をつけることが大切なのです。

身長を伸ばすためのサプリメントを購入して期待している保護者や子供が多いかと思いますが、サプリメントだけ摂取して大切な、運動や睡眠をおろそかにしてしまっていると、

体内ではどういった変化が起きるのでしょうか?

サプリメントだけ摂取したらどうなる?


サプリメントだけ摂取して、運動や睡眠に関しておろそかになってしまっていると、体内では栄養の過剰摂取がおきています。

栄養を過剰摂取してしまうと、どうなってしまうのか。その答えはとてもシンプルで、太ってしまうということです。
肥満がどうしてよくないかというと、臓器に負担がかかってしまうからです。
脂肪は血管や、栄養を代謝する肝臓や過剰な栄養を排泄する腎臓に大きな負担がかかります。

子供のころには症状がとくにでていなくても、大人になってから、何かしろの症状がでる可能性があります。

ですが、基本的に、どの身長を伸ばすサプリメントでも、基本的に推奨摂取量をきちんと守っていれば、まずそういった栄養の過剰摂取という問題はおきません。

栄養のバランスをきちんと考えた食事をお母さんが毎日しっかりと準備、完食していれば話は別ですが、毎日ちゃんとした献立を考えて料理を作るのは、学校給食ぐらいで、普通の育児や仕事に忙しいお母さんは、なかなか毎日、完璧に栄養バランスのとれた食事を作るのはとても難しいことです。

ですから、サプリメントだけ摂取しても、基本的に摂取量を守っていればまず過剰摂取になることはありません。

ですが、多くの方が身長を伸ばすサプリメントを摂取するときに、早く身長を伸ばしたいという思いから、たくさんつい飲んでしまいがちで、その結果、体に余計な負担がかかってしまっているという状況を引き起こしています。

適切に飲むことで、身長が伸びやすくなり、睡眠の質も向上しやすくなったり、運動することで、より身長を伸ばす効果が高くなることが期待できるのです。

ですが、やはり最初に説明したように、栄養だけに固執しても身長を伸ばすためにはさまざまな要因が関係していますので、運動や睡眠にも気をつけることが大切です。

ではサプリメントの効果を最大限に発揮するためにはどうすればいいのでしょうか。

身長を伸ばすためにサプリメントの効果を最大限に発揮する方法


身長を伸ばすためにサプリメントの効果を最大限に発揮するには、身長を伸ばすために大切な残りの2つの原則をしっかりと意識して実行することです。

まず、睡眠時間をしっかりと確保することが大切です。

これは年齢に関係なく、身長が伸び続けるとされる女子であれば16歳、男子であれば18歳くらいまで、できるだけ、睡眠時間を確保しましょう。

ですが、3歳児と18歳が同じ睡眠時間というわけではありません。

骨はもちろん、臓器は徐々に成長し、脳に関しては歳に成長のピークとなり、それから先は急激に成長することはないです。このように臓器が成長していくことで、エネルギー消費量が徐々に少なくてすむようになってきますから、睡眠時間も幼稚園であれば10時間以上必要であったものが、高校生になれば7~8時間でよくなってきます。

また、成長にはピークがあり、成長曲線というもので統計学的に身長がだいたい平均で何歳にピークがくるのかは予想がつきます。

女子であれば生理開始前の10歳から12歳、小学校高学年から中学生がピークですし、男子であれば女子よりも少し遅い、中学生から高校生の時期が成長のピークです。

日頃の睡眠時間の確保も大切ですが、このピークにあわせてより睡眠時間に気を付けることも大切です。

そして運動も、小学生から高校生までは必ず必須で体育の授業がありますが、これは子供の健やかな成長を促すためにあります。

ですから、登下校と体育の授業のおかげで、ある程度の運動量は高校生までであれば確保できています。

ですが、さらにより身長を伸ばすために、プラスで過度にならない程度に体を動かすことが大切です。
それが部活であったり、運動が苦手な子供であれば、寝る前にかかさずストレッチを欠かさず行うことで、サプリメントの効果を最大限に発揮することが期待できます。

サプリメントは、3つの大切な要素の中でも、実は簡単そうで、一番、自分で実行するのが、難しいものなのです。

たくさんの食材がある中で、その食材をきちんと選んで、完璧な食事を作るのは管理栄養士でないととても難しいです。

しかも野菜や果物は旬があるので、含まれている栄養にもばらつきがあります。

そんななかなか自分で実行するのが難しい栄養をうまくサポートしてくれるのがサプリメントなのです。

このサプリメントを毎日、適切な量を摂取して、運動と、睡眠に気を付けることで、身長を伸ばすために大切な3原則がしっかりと守ることができ、身長がしっかりと伸びてくれるというわけです。

継続は力なり、サプリメントは継続が大切


栄養は維持していくことが大切です。

運動や睡眠時間は毎日同じ運動で、同じ時間に寝ることは問題ないですが、食事に関しては毎日、同じものではあきてしまいます。

だからこそ、食事だけで、栄養のバランスをとるのは難しいのです。

そこでサプリメントが栄養のバランスをサポートすることによって、少し栄養バランスが偏っている食事でも許してくれるのです。

継続して栄養バランスをしっかりと守ることで、体には適切な栄養が毎日、行き届き、身長を伸ばすために、体が骨を伸ばす体制が整います。

常に栄養の準備万端であることで、運動しすぎてしまったり、テスト勉強なので、少し夜更かししてしまったときでも、栄養がしっかりとバランスがとれているので、次の日も変わらず骨芽細胞がしっかりと骨を作るのに支障なく働いてくれます。

もし、栄養バランスがたまたま悪くて、準備万端でなければ、マラソン大会で頑張った日、テレビゲームで夜更かししてしまった日の、骨の成長に支障がでてきてしまうのです。

だから、継続してサプリメントで栄養バランスを常に準備万端にしておくことが大切なのです。

継続は力なりです。

身長の伸びる速度は子供一人一人個人差が大きいです。

だからこそ、せっかく伸びるチャンスを栄養が足りないせいで無駄にしないために、継続してサプリメントを飲むように心がけましょう。

身長を伸ばすためにはサプリメントだけではいけません。

ぜひ、サプリメントを継続して、運動や睡眠時間の確保を心掛けてくださいね。