サプリメントの効果を最大限に引き出すために睡眠が重要

身長を伸ばすためにサプリメントを購入する方が多いですが、ダイエットと同じでただ身長を伸ばすためのサプリメントを飲むだけでは身長は伸びません。

サプリメントはあくまでも身長を伸ばす効果をサポートするものです。

ですが、サプリメントの効果を最大限に引き出すことで、身長をしっかりと伸ばすことができます。

そこで、サプリメントの効果を最大限に引き出すためのポイント「睡眠」について詳しく解説していきます。

睡眠はどうして身長と関係があるのか?


睡眠はなんとなく、身長を大きな関係があることはわかっているかと思いますがどうして身長と深い関係があるのでしょうか?
そしてさらにどうしてそこに栄養まで関係してくるのでしょうか?

寝る子は育つの根拠


昔から寝る子は育つとよく言われていますが、それにはちゃんとした科学的根拠があります。

寝ているとき、子供はもちろん、大人も、成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンの主な働きは、子供のときは身長や臓器の成長促進です。

大人であれば、疲労回復が成長ホルモンの主な働きになります。

寝ているあいだに、成長ホルモンが分泌され、疲労を回復させ、さらに、骨や筋肉に成長のためのシグナルを発信させて、身長を伸ばしていきます。

骨を作る骨芽細胞がカルシウムをコラーゲンの上に沈着させて作っていきますが、この骨を作っていくときに、成長ホルモンのシグナルが欠かせません。

成長ホルモンが減少してしまうと、その分、骨全部にシグナルが伝達されないので、身長を十分に伸ばすことができなくなってしまいます。

このように睡眠と身長には深い関係があります。

寝ない子が増えているのは栄養と大きな関係が、、


今はテレビに、スマートフォンの動画などの影響もあって、睡眠時間が昔の子供たちと比べても減少している傾向があります。

こういった社会的な背景だけでなく、寝ない子供たちが増加しているのには、栄養面も関係していることが指摘されています。

今は食べるものに困らない時代になり、飽食の時代ですが、その結果、自分の好きなものばかりを食べることができるようになってしまいました。

偏食の子供が増え、一見、健康そうにみえる子供でも実は栄養が偏っているので、栄養失調と診断されてしまったり、疲れやすい、イライラしやすいといった精神面にも影響がでています。

これは睡眠や身長にも悪影響を及ぼします。栄養が偏ることでイライラし、そのイライラによって交感神経が優位になり、不眠症状を引き起こすのです。

その結果、十分に寝ることができず、成長ホルモンの分泌量も減少し、身長が伸びにくくなってしまいます。

なかなか寝ない子供や不眠の子供までいるのには、こういった栄養面も関係しているのです。

睡眠とサプリメントの関係


身長を伸ばすためのサプリメントと睡眠にはとても深い関係があります。

身長を伸ばすためには、寝ている間の成長ホルモンが活性化することが大切です。

しかし、そもそも寝ていても眠りが浅くなって、睡眠の質が低下していたり、寝付けなくて、睡眠時間が確保できないということがあります。

睡眠時間を長くするにも、睡眠の質を向上させるためにも、栄養がポイントとなります。

身長を伸ばすためのサプリメントには、そんな睡眠にとって大切な栄養素が配合されています。

睡眠の質を上げる栄養とは?


眠るためには、メラトニンというホルモンが分泌されないといけないのですが、このメラトニンというホルモンが分泌されるには、セロトニンが分泌されなくてはいけません。

セロトニンはビタミンB6やトリプトファンといった栄養を摂取することで、活性化されます。

他にも身長を伸ばすためのサプリメントのほとんどすべてに配合されているカルシウムも睡眠の質をあげるのに効果的な栄養素です。

カルシウムが不足するとイライラしてしまうということがありますが、カルシウムには気持ちをリラックスさせる効果があり、副交感神経が優位になって、寝つきがよくなる効果が期待できます。

また身長を伸ばすためのサプリメントによく配合されている栄養素、アルギニンは疲労回復効果が期待できるので、睡眠の質が向上することが期待できるのです。

こういった睡眠の質を栄養でサポートすることが大切です。

サプリメントは睡眠の質を向上させる栄養が配合されている


睡眠の質を上げる栄養として、ビタミンやカルシウム、アルギニンをご紹介しましたが、こういった栄養はなかなか普段の食事では補うのは難しいとされています。

ビタミン類は野菜や果物から摂取する必要がありますが、なかなか1日に必要な野菜や果物をきちんと摂取できている方は少ないです。

さらに、カルシウムは、冷凍食品やスナック菓子に配合されているリンによってせっかく摂取したのに、体外からカルシウムとリンのバランスを整えるために最大で80%近く排泄されてしまう恐れがあります。

普段の食事ではこういった理由で、なかなか身長を伸ばすために必要な栄養が補えないだけでなく、失ってしまっている可能性があります。

サプリメントは睡眠の質を向上させる栄養を簡単に、しっかりと補うことができるので、特にストレスをため込んで不眠がちな現代の子供たちにとってはとてもおすすめといえるサプリメントです。

睡眠の質をアップするためには


栄養を補うことで、睡眠の質がアップして身長が伸びやすくなりますが、さらに睡眠の質をアップさせるために大切なことがあります。

身長を伸ばすためのサプリメントの効果を最大限に引き出すために以下のことも実践してみましょう。

適度な運動をすることでよく寝ることができる


学生のうちは、必ず体育の授業があるので、体育の授業があるときはいいのですが、体育の授業がないときは、適度な運動を家でもやってみることがおすすめです。

適度に身体を動かすことによって、体に適度な負荷がかかり、寝つきがよくなります。

毎日食べるご飯ですが、どうしても1日のうちで、夕食が一番カロリーオーバーになりがちです。

カロリーがオーバーしてしまうと、消化器系に負担がかかって、脳に血流がいかなくなってしまい、脳が疲労回復することができず、睡眠によって脳の疲労回復が十分にできなくなってしまいます。

適度な運動をすることで、消費エネルギーが増加し、摂取エネルギーとバランスをとって、内臓の負担を減らすことができます。

ですので、体育の授業がないときなどは、軽い運動を心がけましょう。

寝る前のストレッチがおすすめです。体を動かす余裕があるのであれば、食事の30分ほど前になわとびなどの軽い運動をするのもいいでしょう。

寝る30分より前にお風呂にゆっくり入ろう


リラックス効果を高めるお風呂も睡眠の質を高めて、身長を伸ばすためのサプリメントの効果を最大限に引き出すのにおすすめの方法です。

体温が上昇し、寝る前に徐々に体温が低くなっていくことで、眠るやすくなります。

お風呂につかることで、カロリーも消費できるので、より寝つきがよくなります。

ただし、寝る直前にお風呂に入ってしまうと、体温が上がったままの状態ですので、寝つきにくくなるので注意が必要です。

暑い季節はとくにゆっくりと浸からずにシャワーですませてしまいがちですが、できるだけ、お風呂につかって、全身をしっかりと温めるましょう。

ゆっくりとお風呂に浸かることが睡眠の質をあげて、身長を伸ばすためには重要です。

夏は暑くてもクーラーや冷たい飲み物によって体自体は冷えているので、シャワーだけでなくお風呂になるべく浸かるようにしましょう。

その際には高温の42度以上のお風呂は体にかえって負担がかかってしまうので、38度~40度のぬるめのお風呂につかるようにするようにしましょう。

ぬるめのお湯にしっかりと全身浸かることが睡眠の質をグッとアップしてくれます。

どうしても夜ふかしてしまうときの対処法


でもどうしても、塾の帰り、部活の練習、通学電車の関係で、夜更かしになってしまうこともあるかと思います。

そんな夜更かししてしまったときでもなるべく体に負担をかけないようにする、ぜひ知っておいて欲しい対処法をご紹介します。

夜更かしのときの対処法


夜更かしをしてしまうと、成長ホルモンの分泌量が減ってしまい、身長が伸びにくくなってしまうだけでなく、今日溜まった疲労が明日に持ち越されてしまいます。

ですので、少しでも体の負担を減らしてあげることが重要です。

まず、夜更かししたときに少しでも体の負担を減らすには「消化のいいご飯を食べる」ことがポイントになってきます。

子供の多くは塾や部活から帰ってからご飯を食べることが多いかと思います。

進学塾に通っている子供の場合は、お弁当を準備しているというお母さんも多いです。

しっかりと食べて欲しいということで、揚げ物が定番で食べさせてしまうかもしれませんが、できれば揚げ物ではなく、唐揚げなら同じ鳥肉でも焼いたチキンステーキに代えたり、トマト煮込みに工夫してみましょう。

料理方法を変えてみることで、消化効率が揚げ物のときよりもよくなり、消化器に負担がかかりにくくなります。

消化器に負担がかかりにくくなって、睡眠の質も向上しやすくなります。

さらに部活では体を動かしているので、いいのですが、テスト前など、勉強で夜更かししてしまいがちなときは、しっかりと寝る前にストレッチをして体を動かしましょう。

集中力を使い過ぎて、脳がとても疲れてしまっています。ストレッチで体を動かすことで、体に適度な疲労を与え、眠りやすくなるだけでなく、ストレス解消になって、翌日の勉強効率もアップさせることができます。

夜更かししてしまうときはこのように消化のいいものをたべるようにして、適度なストレスをやるようにしましょう。

普段からサプリメントで栄養を補っておく


学生のときは部活や勉強を頑張っているので、夜更かしはついついしてしまいがちです。

ですので、日頃からバランスのとれた栄養を補っておくことが大切です。

普段からバランスのとれた食事をしておくことで、1日体に負担がかかってしまうことがあっても、次の日に持ち越さないように体がサポートする体制を整えることができます。

ただ、毎日、お母さんがバランスのとれた食事を作るのはとっても大変です。
ですので、日頃から、身長を伸ばすためのサプリメントを活用して、栄養を毎日、補ってあげることがおすすめです。

毎日、サプリメントで栄養を補ってあげておくことで、たまに夜更かししても体がサポートできる体制を整えることができます。

ついつい夜更かしが多くなってしまいがちな子供こそ、普段からサプリメントで栄養を補っておくことが大切です。

サプリメントの効果を発揮するための睡眠


サプリメントの効果を発揮させるための睡眠があります。
それは以下のようなことに気をつけることです。

できるだけ睡眠のパターンを作ろう


体は順応といって、パターン化することで慣れていきます。

毎日9時に寝る習慣をつけることで、毎日9時くらいにはだんだん体が自然と眠たくなってくるように体が反応していきます。

毎日、今日は8時、明日が10時、その次は9時など、時間を決めずに寝てしまうと体はパターンをうまくつくることができないので、しっかりと睡眠時間を確保できず、睡眠の質も向上させることができません。

ですので、睡眠時間を決めて、その時間に寝るような習慣をつけることが子供の身長を伸ばすためにはとても重要です。

この睡眠のパターン化によって身長を伸ばすためのサプリメントの効果を最大限に引き出すことができます。

週末の寝だめ、夜更かしは厳禁


大人ではよくやりがちですが、子供でも最近増えてきているのが、週末の寝だめや夜更かしです。

休日だからといって前日に夜更かしをしてしまったり、休日の日のお昼まで寝てしまっていては、体に負担がかかってしまって、せっかく作った睡眠時間のパターンが崩れてしまいます。寝だめという言葉がありますが、睡眠貯金は寝だめしたからといって決して増えることはないのです。

むしろ夜、眠れなくなって、次の日の朝、起きるのが辛くなってしまいます。

ですから、睡眠のパターンをしっかりと習慣化させるためにも週末の寝だめ、夜更かしは厳禁です。

サプリメントだけで身長を伸ばすのは難しいですが。正しい睡眠を意識することで、サプリメントの効果を最大限に引き出すことができます。

ぜひ、身長を伸ばすサプリメントを飲むときは、睡眠もしっかりと意識するようにしましょう。