アルギニンサプリが子供の身長を伸ばすって本当?アルギニンの効果


アルギニンが子供の身長を伸ばすって本当?


子供用のサプリメントについて検索してみると「アルギニン配合」という文言を目にすることがあると思います。
しかし、あまり耳なじみのない栄養素であるこのアルギニン。
実際どのような栄養素なのでしょうか?
子供が摂取してもよいものなのでしょうか?

そのような保護者の皆様の疑問に、この記事でお答えしていきたいと思います。


アルギニンとは


そもそもアルギニンとは一体どのような栄養素なのでしょうか?
本項ではアルギニンの概要からご説明したいと思います。

アルギニンとはアミノ酸の一種で、体内でも合成される成分であるため、いわゆる必須アミノ酸とは違い「準必須アミノ酸」という分類がされています。

しかし、このアルギニン、年齢を重ねるにつれて体内での生産量が減っていくアミノ酸です。
これは子供の用に成長途中の身体であっても同様のことが言え、成長途中であれば十分な量のアルギニンを生成することが難しいのです。

こういった理由からアルギニンは食事から補給する必要のある栄養素なのです。

また、実際どのような働きをしているかというと、疲労回復等の働きもしていますが、子供の成長を考えたときに着目すべき働きは「成長ホルモンの分泌を促す」という所にあります。

では、この成長ホルモンとアルギニンの関係について次項でご説明していきたいと思います。


アルギニンと成長ホルモンの関係


先述しました通り、アルギニンは脳下垂体から分泌される成長ホルモンの合成を促す働きをしてくれます。
成長ホルモンは成長期の子供の骨や筋肉の成長を助け、直接的に身長の伸びを促進してくれます。

つまり、アルギニンは直接身長に作用する栄養素ではないものの、アルギニンを摂取することで成長を促すというのはおおよそ間違いではないのです。

また、前述した通り、アルギニンは体内で生成されるものの、成長期の子供では必要十分な量を生成することが非常に難しいのです。

従って、必要十分な量がなければ成長ホルモンの生成が滞り、ひいては十分な成長を望めなくなってしまいます。
そのため、成長途上の子供であれば尚更摂取する必要のある栄養素なのです。


成長ホルモンの概要


成長ホルモンはただアルギニンを取れば生成されるものではありません。
アルギニンは生成を促すことは出来ても、それ以上に必要なことというものは、もちろん存在しています。

では一体成長ホルモンの生成にはどのようなことが必要になるのでしょうか?

成長ホルモンは主に「睡眠中」と「運動後」に分泌されるのです。
子供の成長には睡眠と食事と運動が必要であるという話は皆様ご存知かと思いますが、これは純粋に成長ホルモンの分泌に必要な要素が睡眠・食事・運動であるということなのです。

ここでいう睡眠は、昼寝では効果が薄く、深夜のレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しているときに多く分泌されます。
そのため、夜更かしをすると十分に成長ホルモンが分泌されず、成長阻害してしまうのです。

また運動に関しても、過度な運動をしてしまうと、骨や筋肉に必要以上の負荷がかかってしまい、成長を阻害してしまう可能性があります。

これらの事からわかるのは、ただ先ほどの3つの要素をこなすだけではなく、重要なのは「十分な睡眠」「適切な栄養を取れる食事」「適度な運動」であるということです。

これらを大前提としたうえで、成長ホルモンの分泌を手助けするアルギニンを摂取するということで、更なる成長を期待できるのです。

では、実際にサプリメントを取る際にどのような点に注目するべきなのでしょうか?

次項ではサプリメントで注目するべき箇所を確認していきたいと思います。


子供用サプリメントで注目すべき部分


子供にサプリメントを与えるということに対して抵抗のある保護者の方は少なくないと思います。
そういった場合に考えてしまうのは、副作用等の部分になるかと思います。
確かに何も考えずにサプリメントを子供に与え続けてしまっては問題の出てくることもあるでしょう。
では、そういったトラブルを回避するためにも保護者の方はどのような点に注意したらよいのでしょうか?

まず大前提として考えなくてはいけないのは「子供には子供向けのサプリメントを与える」という所です。

子供用のサプリメントは、最初から子供に与える前提で開発されています。
そのため、一般的な子供に与えて害のある成分というものは入っていないのです。

しかし、ここで注意するべきなのは「大人用のサプリメントを与える」という間違いです。
基本的にサプリメントで何かの栄養を過剰摂取するといったことは非常に難しいですが、もともと子供向けに開発されたものではないため、どのような弊害があるかわからないのです。

特に説明欄を確認して、対象年齢等が書いてあるのであれば、なおさら子供に与えるべきではないと考えられますね。

こういったことからも、子供向けのサプリメント、特に成長を促すサプリメントは子供に与えて害のあるものではないと言えます。

まとめ


アルギニンから成長ホルモン、並びに子供向けサプリメントに関してご説明させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

前項では子供にサプリメントを与えるのは間違いではないと書きましたが、唯一子供に悪影響を与えてしまうケースがあります。
それは「アレルギー」です。
アレルギーを持っているお子様のいる保護者様であればこのあたりは重々承知していらっしゃるかと思いますが、サプリメントを与える前には含有しているアレルギー成分を確認し、お子様に与えて問題がないかを考える必要があります。

それさえクリアしてしまえばサプリメントは子供の成長を促すという意味では大きく活躍してくれますので、是非ご一考してみるのもよいのではないでしょうか。

その他、副作用に関する詳細は「子供がアルギニンサプリを飲んで大丈夫?副作用の実態」の記事の方にございますので、是非一読くださいませ。